2007.02.18

FFmpeg::Command, Windowsにインストールできず。(2/18)

2/19 mizzy様から頂いたコメントを参考にして解決いたしました。


ActivePerl 5.8.8.817/WindowsにFFmpeg::Commandをインストールしようとしたのですが、cpanからのinstallでエラーになりできず。nmake.exeを準備したりしたのですが。

cpan> install FFmpeg::Command
CPAN: Storable loaded ok
Going to read C:\Perl\cpan\Metadata
  Database was generated on Sun, 18 Feb 2007 07:08:58 GMT
Running install for module FFmpeg::Command
Running make for M/MI/MIZZY/FFmpeg-Command-0.06.tar.gz
CPAN: Digest::MD5 loaded ok
CPAN: Compress::Zlib loaded ok
Checksum for C:\Perl\cpan\sources\authors\id\M\MI\MIZZY\FFmpeg-Command-0.06.tar.
gz ok
Scanning cache C:\Perl\cpan\build for sizes
CPAN: Archive::Tar loaded ok
FFmpeg-Command-0.06/
FFmpeg-Command-0.06/t/
FFmpeg-Command-0.06/t/boilerplate.t
FFmpeg-Command-0.06/t/pod-coverage.t
FFmpeg-Command-0.06/t/00-load.t
FFmpeg-Command-0.06/t/pod.t
FFmpeg-Command-0.06/t/01-ffmpeg.t
FFmpeg-Command-0.06/META.yml
FFmpeg-Command-0.06/Changes
FFmpeg-Command-0.06/MANIFEST
FFmpeg-Command-0.06/lib/
FFmpeg-Command-0.06/lib/FFmpeg/
FFmpeg-Command-0.06/lib/FFmpeg/Command.pm
FFmpeg-Command-0.06/Makefile.PL
FFmpeg-Command-0.06/README
Removing previously used C:\Perl\cpan\build\FFmpeg-Command-0.06

  CPAN.pm: Going to build M/MI/MIZZY/FFmpeg-Command-0.06.tar.gz

Checking if your kit is complete...
Looks good
Writing Makefile for FFmpeg::Command

Microsoft (R) Program Maintenance Utility   Version 1.50
Copyright (c) Microsoft Corp 1988-94. All rights reserved.

cp lib/FFmpeg/Command.pm blib\lib\FFmpeg\Command.pm
  nmake  -- OK
Running make test

Microsoft (R) Program Maintenance Utility   Version 1.50
Copyright (c) Microsoft Corp 1988-94. All rights reserved.

        C:\Perl\bin\perl.exe "-MExtUtils::Command::MM" "-e" "test_harness(0, 'blib\lib', 'blib\arch')" t/*.tt/00-load.........ok 1/1# Testing FFmpeg::Command 0.06, Perl 5.008008, C:\Perl\bin\perl.exe
t/00-load.........ok
t/01-ffmpeg.......
t/01-ffmpeg.......NOK 1#   Failed test in t/01-ffmpeg.t at line 11.
#                   'Command 'ffmpeg' not found in c:\ruby\bin, C:\Perl\bin\, C:\PROGRAM FILES\THINKPAD\UTILITIES, C:\WINDOWS\system32, C:\WINDOWS, C:\WINDOWS\System32\Wbem, C:\Program Files\PC-Doctor for Windows\services, D:\Program Files\QuickTime\QTSystem\ at C:\Perl\cpan\build\FFmpeg-Command-0.06\blib\lib/FFmpeg/Command.pm line 93
# '
#     doesn't match '(?i-xsm:^FFmpeg version)'
# Looks like you failed 1 test of 1.
t/01-ffmpeg.......dubious
        Test returned status 1 (wstat 256, 0x100)
DIED. FAILED test 1
        Failed 1/1 tests, 0.00% okay
t/boilerplate.....ok
t/pod-coverage....ok
t/pod.............ok
Failed Test   Stat Wstat Total Fail  Failed  List of Failed
-------------------------------------------------------------------------------
t/01-ffmpeg.t    1   256     1    1 100.00%  1
Failed 1/5 test scripts, 80.00% okay. 1/7 subtests failed, 85.71% okay.
NMAKE : fatal error U1077: 'C:\WINDOWS\system32\cmd.exe' : return code '0xff'
Stop.
  nmake test -- NOT OK
Running make install
  make test had returned bad status, won't install without force

cpan>

plaggerでYouTubeやiTunesのPodcastで遊ぼうと思っていたのですが残念。

2/19 追記

コメント欄でmizzy様から直々に頂いたコメントを参考に、ffmpeg.exeをPerlが認識できるパスに置いたところ、無事FFmpeg::Commandのインストールができました。mizzy様のコメントの通りにforce installでもよかったのですが、個人的に気持ち悪かったので。

ffmpeg.exeはWindowsの動画変換ソフト「携帯動画変換君」からそのDLL cygwin1.dll, cygz.dllと一緒にPerlが認識できるパスに置きました。

nmake.exeのダウンロードから、ffmpeg.pmのダウンロード、FFmpeg::Commandのインストール、yamlファイルの設定など一連の手順は後日アップさせて頂きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.17

Plagger 0.7.17 / AcitvePerl 5.8.8.817 のインストール (2/17)

2007/02/17現在のインストール手順です。AtivePerlのppmなどのバージョンアップ・変更により影響を受けて手順が変わる可能性があります。

  1. ActivePerl 5.8.8.817のインストール
  2. ppmのrepositoryにtcoolを追加
  3. ppmで install plagger
  4. Fetch ssleay32.dll? [no] に yes
  5. plaggerの起動
  6. assetのダウンロード
  7. config.yamlの編集

1.  ActivePerlのインストール

古いバージョンのActivePerl 5.8.8.817をダウンロード。2007/02/17現在の最新版のActivePerl 5.8.8.820は動作が不審で推薦されていない様子。

また今回のplaggerのために新しいバージョンのActivePerlをインストールするのにあたり、ActivePerlの上書きインストールではなく、一度AcitvePerlをアンインストールして C:\Perl フォルダも削除して、まっさらにしています。

Charsbar::Note
http://d.hatena.ne.jp/charsbar/

2. ppmのrepositoryにtcoolを追加    

追加するリポジトリはtcoolだけで今のところは大丈夫でした。theoryx5 は今のところは追加していません。

ppm.tcool.org
http://ppm.tcool.org/register.html より

CUI version (ActivePerl 5.8.8.817 and below)

Type at a DOS prompt:

ppm rep add tcool http://ppm.tcool.org/server/ppmserver.cgi?urn:PPMServer

then you'll have yet another searchable ppm repository at hand.

And also I recommend to 'ppm rep up tcool' several times at the ppm shell. Other repositories with higher priority may be the cause of problems.

3. ppmで install plagger    

他のモジュールを事前にインストールする必要はなく、いきなり「ppm> install plagger」で大丈夫でした。その後はplagger関連のモジュールのインストールの際も基本的には既定値の設定のままでよく、リターンキーの連打ですみますが、4. のOpenSSL関係のdllのインストールだけはそのままリターンキーを打たないように注意です。

4. Fetch ssleay32.dll? [no] に yes    

既定値は[no]になっていたので、yes でリターンキーを。

5. plaggerの起動  

インストール終了後はコマンドプロンプトで plagger -v でバージョンの確認など。

6.  assetのダウンロード

assetがどんな機能かよくわかっていないので必要なのかもわかりませんが、他の方が asset をインストールして後述のcomfig.yamlにパスを書いているようなのでとりあえず。

plaggerをインストールした際にassetはダウンロードされなかったので、手作業でplaggerのtar.gzをダウンロード、解凍してasset フォルダをC:\Perl\site\lib\Plagger フォルダ配下にコピー。

Greenbear Diary - WindowsにPlaggerを入れる手順 (2006年年末版) , Filter::Pipeがうまく動かない
http://mono.kmc.gr.jp/~yhara/d/?date=20061211

現時点ではppm経由ではassetsが入らないので、 Plagger-0.7.17.tar.gz をダウンロードし、Plagger-0.7.17\assets を適当な場所(C:\Perl\site\lib\Plagger\ とか)にコピーしてください。

    * http://search.cpan.org/~miyagawa/Plagger-0.7.17/

(ついでにyamlの設定ファイルのサンプル bloglines2gmail.yamlなどが入っている examples/ フォルダも適当なフォルダC:\Perl\cpan\ などにコピー。)

7. config.yamlの編集

plaggerの動作確認前にいきなりBlogllinesの未読をGmailにメールするのは大量のメールが送信される可能性があるので注意して。

前述のサンプルの設定ファイル bloglines2gmail.yaml などを参考にファイル名 config.yaml  をC:\Perl\bin 配下に設置。

GmailでフィルタリングしてPlaggerからのメールとのラベルを貼るために mailto: のGmailのメールアドレスに'+plagger@gmail.com'のアリアスをつけています。(例:mailto:example@gmail.com ならmailto:example+plagger@gmail.comに。)

WindowsにplaggerをインストールしてBloglinesをGmailで購読しよう 情報は量/ウェブリブログ
http://wg.at.webry.info/200604/article_4.html

以上です。

 

| | コメント (21) | トラックバック (0)