2005.04.21

DAC960 に Linuxインストール (4/21)

DAC960(RAID)に MIRACLE LINUX V3.0のCD-ROMとかDebian GNU/Linux 3.1 Sargeのネットワークインストール用のフロッピーディスク3枚組みは、インストール段階で普通に認識されてパーティションが切れて、/ を割り当てることができるのですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

mbox(/var/log/mail/)からMaildir 形式へ移行・変換。mbox2maildir(3/20)

Debian Linux 3.0 woody でcourier-imap(Maildir形式)へ転送しているprocmailがとまってしまっていたため、mbox形式の /var/log/mail/(ユーザ名) に転送されてしまったメールをcourier-imap(Maildir形式)でも読めるように変換しました。

Googleで「mbox Maildir」で検索したところ、「mbox2maildir」というPerlスクリプトがあるらしいのですが…。

sendmailからqmailへ移行~マロンくん.NET~
http://www.marronkun.net/linux/mail/qmail_3.html より

変更ツールにはmbox2maildirというツールがあります。Perlで記述しているスクリプトで以下の2種類が存在します。
i) http://www.qmail.org/mbox2maildir
ii) http://untroubled.org/mbox2maildir
よく分かりませんが、i)本家のスクリプトは私の環境ではうまく動作しませんでした。ここではii)のスクリプトの利用について説明します。

ちなみに、i) qmail のソースを見れば分かるのですが、i)のPerlスクリプトの実行には環境変数に「MAIL」「MAILDIR」が設定されていることが前提となります。これが設定されていないと、メールのフォルダが見つからずに

~/$ perl mbox2maildir
fatal:  doesn't exist and can't be created.
~/$

とエラーになります。環境変数 MAILには入力元の「/var/log/spool/(ユーザ名)」、MAILDIRには出力先のフォルダが指定されるように

~/$ export MAILDIR="/home/(ユーザ名)/tmp/mail"

と export などをしておくことが必要です。

私も両者をダウンロードして実行したのですが、両者とも同じ結果で /var/log/mail 配下のmboxがうまく分割されませんでした(泣)。

上記のスクリプトは両方とも、各メールの1行目が「 /^From /」で始まることを前提にしているのですが、私の場合メーリングリストから来たメールなどは1行目が「/^Return-Path:/」「/^Return-path:/」で始まっているので、メーリングリストからのメールの分割は無視され、他のメールの中にくっついてしまうのです。

という規則は分かったので、自分で Perlスクリプトの改造に。Googleでパッチや修正を探したのですが、見つからなかったので。ネットではmbox2maildirの動作実績自体はqmail版よりuntroubled版の方が多かったのですが、改造自体はqmail版の方が単純だったため、こちらに手を入れることに(w

プログラミングの超超超初心者なので変な点はご容赦を。あと元のqmail版、untroubled版のバグ?ロジック?はそのまま生かしています(w

■元のqmail版mbox2maildir から抜粋

open(SPOOL, "<$ENV{MAIL}")
  or die "Unable to open $ENV{$MAIL}\n";
$i = time;
while() {
  if (/^From /) {
    $fn = sprintf("new/%d.$$.mbox", $i);
    open(OUT, ">$fn") or die("fatal: unable to create new message");
    $i++;
    next;
  }
  s/^>From /From /;
  print OUT or die("fatal: unable to write to new message");
}
close(SPOOL);
close(OUT);

■変更後のqmail版mbox2maildirから抜粋

以下、太字が追加・変更部分。

open(SPOOL, "<$ENV{MAIL}")
  or die "Unable to open $ENV{$MAIL}\n";
$i = time;

my $in_return_path = 0;

while() {
#  if (/^From /) {

  if (/^From / || ($in_return_path == 1 and /^Return-Path:/i )) {
    if (/^From /) { $in_return_path = 0; }

    $fn = sprintf("new/%d.$$.mbox", $i);
    open(OUT, ">$fn") or die("fatal: unable to create new message");
    $i++;
    next;
    }

  if ( $in_return_path == 0 and /^Return-Path:/i ) {
    $in_return_path = 1;
  }

  s/^>From /From /;
  print OUT or die("fatal: unable to write to new message");
}
close(SPOOL);
close(OUT);

以上。バグがあったらゴメンナサイ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

LPIC試験 117-202に合格。晴れてLPICレベル2取得 (12/6)

LPIC試験 117-202に合格しました。117-202の試験自体はボロボロでてっきり落ちたと思ったのですが、ディスプレイに「合格」の文字が!!

晴れてLPICレベル2取得となりました。

と言いつつ、とてもスキル的にはレベル2には達していないのですが…。

でも試験勉強を通して、すぐに実戦?で使えそうなテクニックを覚えたりすることができたので、試験勉強の間は有意義な時間でした。


さぁてと。これで試験も終わったし、PHPやRuby、SQL の勉強?がで遊ぶことができるぞ、と (>_<)。


■参考リンク:↓お世話になりました!!
みんなの受験記 【 117-202 】
http://jukenki.com/report/lpic/117-202/patio.cgi?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

レンタルサーバーにWWWサーバーを設置したいのだが…(画像掲示板、ブログ、Wikiの比較)(12/5)

とあるレンタルサーバーにWWWサーバーを設置したい。但し、写真を含むコンテンツを登録してもらうのはHTMLの文法を知らない人たちを前提。Perl/CGIの画像掲示板、Blog(ブログ)、Wiki を検討。

  • 入力のしやすさ(敷居の高さ):
    画像掲示板>>>ブログ>Wiki ... Wiki はWiki記法を覚えなくてはいけないのが、微妙に敷居が高い。
  • 設置のしやすさ(動作環境):
    画像掲示板>Wiki>ブログ ... ブログはSQLを必要とするものが多いのだが、レンタルサーバーにSQLが入っていないのだ。
  • コンテンツ管理:
    Wiki>ブログ>画像掲示板 ... Wiki のコンテンツの管理のしやすさは飛びぬけている。画像掲示板は過去ログになってしまうのが…。
  • コンテンツの汎用性(使い回し):
    ブログ=Wiki>画像掲示板 ... 画像掲示板のデータは他のコンテンツには使いまわせない?掲示板のログをXMLなり、Wikiなりに変換するスクリプトを書けばよい?

レンタルサーバーの環境が(略)のため、

  • SQLがインストールされていないため、ブログが使えない。使えそうなのは "Blosxom"位?日本語環境は?
  • PHPのバージョンが古いため、PukiWiki 1.4系が使えず、PukiWiki 1.3系を使わざるえない。CSS/XHTMLのデザインや思ったようなプラグインが使えないため、ボディーブローのようにだんだんと効いてきている。
  • Rubyは論外でインストールされていない (T_T)

うーん、現実的には「画像掲示板」に写真入りの記事を投稿してもらって、それをスクリプトなりでHTMLに変換かな…。

■参考リンク:

ITmedia エンタープライズ:主要Blog、CMSツール機能比較(2004年7月版)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0407/01/news002.html

FrontPage - PukiWiki.org
http://pukiwiki.org/

blosxomサイトの日本語訳
http://www.yk.rim.or.jp/~sucle/blosxom/

Joyful Note
http://www.kent-web.com/bbs/joyful.html

(画像アップ式返信ボード)

■DB/SQL不要のブログ:

● sb

sb開発研究所
http://serennz.cool.ne.jp/sblog/
sb | ヘルプ
http://serennz.cool.ne.jp/sblog/doc/ja.html#about

htmlファイルの静的生成が可能です。

● blosxom

blosxomサイトの日本語訳
http://www.yk.rim.or.jp/~sucle/blosxom/

blosxom悪のマニュアル
http://web.archive.org/web/20030729221650/http://blogdex.tripod.co.jp/blog/blosxom/



| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.12.04

某ホームページのお手伝い。PukiWikiの設置とアクセスログの解析(UA)。(12/4)

某自然ボランティア団体のホームページのお手伝い。サーバはApache/PHPなど。

みんなの意見をまとめるサイトとして PukiWiki を設置。サーバのPHPのバージョンが古かったため、最新版の PukiWiki 1.4.4 ではなく、昔の PukiWiki 1.3.7 を設置することに。やっぱり「改行」の機能やプラグインなど、PukiWiki 1.4系の方が初心者の方に使ってもらうにはやさしい感じ。

Wiki が有効に活用されるかは不明。今後に期待。Wiki の微妙な敷居の高さ(Wiki記法など)がネックかも。

PukiWiki の設置でははまりまくる。詳細は後ほど。

また、Apacheのアクセスログを分析。検索ロボットのアクセスが多すぎ。まずは Google のランクをあげることからなどからかしら…。

Analog の analog.cfg の渡し方を忘れており、はまった。

12/11追加: -G +g と指定するのだった。以下例

$ analog -G +g./analog.cfg >report.html


アクセスログの検索ロボットのUA(ユーザーエージェント)の詳細は後ほど。 12/6追加:迷惑メール、SPAM(スパム)のメールアドレス収集ロボットのアクセス多数。

■ユーザーエージェント(UA) 12/11追加

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
msnbot/0.11 (+http://search.msn.com/msnbot.htm)
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; rv:1.7.3) Gecko/20040913 Firefox/0.10
Mozilla/2.0 (compatible; Ask Jeeves/Teoma)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
msnbot/0.3 (+http://search.msn.com/msnbot.htm)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows XP)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.00; Windows 98
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; MSOCD; AtHomeJP191)
Mozilla/5.0 (compatible; Yahoo! Slurp; http://help.yahoo.com/help/us/ysearch/slurp)
Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1;+http://www.google.com/bot.html)
NaverBot-1.0 (NHN Corp. / +82-2-3011-1954 / nhnbot@naver.com)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
LinkWalker
ia_archiver
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; istb 702; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; .NET CLR 1.1.4322)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
SurveyBot/2.3 (Whois Source)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; (R1 1.3); .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90)
Mozilla/3.0 (compatible; Indy Library)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.23; Mac_PowerPC)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705)
e-SocietyRobot(http://www.yama.info.waseda.ac.jp/~yamana/es/)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 1.0.3705)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
Googlebot/2.1 (+http://www.googlebot.com/bot.html)
W3C_Validator/1.305.2.148 libwww-perl/5.800
Mozilla/3.01 (compatible;)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Q312461)
Googlebot/2.1 (+http://www.google.com/bot.html)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.3))
[その他: 105 ブラウザ]



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.29

LPIC試験レベル2 117-201合格 (11/29)

LPIC試験レベル2 117-201に合格。とりあえず。

みんなの受験記 【 117-202 】」を読むと残りの「117-202」が問題が難しく手ごわいらしい…。一度で合格している人が半分位?しかいないように見える… (T_T)。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

Debian Linux 3.0(Woody)でハードディスクのコピー中に Kernel Panic (11/20)

Sleipnirの盗難の件も知ったので、久しぶりにデータのバックアップを行うことにする。

が、自宅LANのファイルサーバの Debian Linux 3.0(Woody) で、SCSI HDDからSCSI HDDへ約30GBのデータを一度に cp -auv コマンドまたは、rsync -auv --progressコマンドでコピーしようとすると"Kernel Panic"でDebian Linuxサーバが固まってしまい、電源ボタンを押して強制終了・再起動するしかなくなってしまう。フォーマット形式は両方とも ext3。

仕方がないので、ディレクトリ単位に、分けてコピーした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.29

coLinux 0.6.1 (Debian) の起動画面 (10/29)

coLinux インストール後、coLinux を起動するのはどのコマンド?(Debian)

  • C:\coLinux\colinux-daemon.exe -c default.colinux.xml
  • colinux-console-nt.exe
  • ERROR STORM
    http://www.geocities.jp/error_storm/colinux2.html より

    2.起動!

    colinux-daemon.exe -c default.colinux.xml のようにコマンドオプション -C で明示的に config.xmlを指定してやる必要ありです。(ver 0.6.1より)


    画面上にDOS窓のようなコンソール画面と、Cooperative Linux console と云うコンソール画面が表示される。
    この Cooperative Linux console は閉じても良いが、
    もう一方のDOS窓風の方を閉じるとcoLinuxも終了してしまうので注意。


    実は、Cooperative Linux consoleは、coLinuxのインストールフォルダの中の colinux-console-fltk.exe が
    それである、このコンソールは重い上に再描画に不具合がある等使い勝手が悪い。


    当面は、Cooperative Linux console は使用しない方が楽です、代用品として、同じくインストールフォルダにある colinux-console-nt.exe を起動するようにしましょう。
    (要するに Cooperative Linux console フォームを閉じて、colinux-console-nt.exeを起動するだけです)

■Cooperative Linux console の動作画面

041029-colinux-console.png

■DOS窓のようなコンソール画面

041029-colinux-debian.png


■ coLinux 関連過去の記事:

coLinux 0.6.1 (Debian) の起動画面 (10/29)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041029_colinux_.html

coLinux (Cooperative Linux) 0.6.1 のセットアップ/インストール手順 (9/3)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/colinux_coopera.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

coLinux fedora のセットアップ/インストールについて(再掲)(10/14)

coLinux fedora についての記事は以下になります。

coLinux (Cooperative Linux) 0.6.1 のセットアップ/インストール手順
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/colinux_coopera.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.01

DOSモバイルギアで PukiWiki (LANMAN+LNET+w3m) (10/1)

DOSモバイルギア(NEC MC-MK32)から telnet + w3m で PukiWiki を表示


モバイルギアで LANMAN + LNET(telnet) を実行して、DebianLinuxサーバにログイン。
日本語環境は MGDISPH.EXE 20行モード。
(もちろん MGDISP2.SYS でも表示できますが、telnet の場合のフォントの好みで MGDISPH.EXE を使っています。)


telnet で WWWブラウザ"w3m"を起動させて PukiWiki の FrontPage を表示させたところ (1/2)。


PukiWiki のフロントページ (2/2)


PukiWiki のヘルプを表示

以上のモバイルギア上の画面のキャプチャーは SNAPSHOT.COM を使わせて頂きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)