2008.01.26

各ブラウザIE7, Firefox2, Opera9.25のAdblock 広告フィルタの設定ファイルの場所と書式 (1/26)

  • 各フィルタはワイルドカード・正規表現が使える点では互換性がありそう。
  • IE7ProとOpera 9.25のフィルタは互換性がありそう。
  • adblockplusは設定ファイルからではなく、一度エクスポート・インポートすれば互換性がありそう。

IE7+IE7Pro

場所:Program Files\IE7pro\filter.ini

[blockurl]
-ad.cgi
-ads/
.ad-
.ad.
*.cn/*/union/*
.dalu2000.com/union
.doubleclick.
.dpbolvw.

Firefox 2.0.0.11+Adblock plus

場所:Profiles\{ユーザ名}\adblockplus\patterns.ini

[Pattern]
text=*/ad/*
type=filterlist
regexp=\/ad\/
disabled=false
hitCount=6956
lastHit=1201266428648

[Pattern]
text=*/ad_image/*
type=filterlist
regexp=\/ad_image\/
shortcut=ad_image
disabled=false
hitCount=2300
lastHit=1201264771948

[Pattern]
text=*/adimg/*
type=filterlist
regexp=\/adimg\/
disabled=false
hitCount=548
lastHit=1193754547211

Adblock plusの設定からフィルタをテキストファイルにエクスポートすると

[Adblock Plus 0.7.1]
@@|http://*.wikimedia.org/wikipedia/
@@doubleclick.net/adj/*video$script
@@microsoft.com*/banners/$image
*/ad/*
*/ad_image/*
*/adimg/*
*/ads/*
*/banner/*
http://*.adjustnetwork.com/*
http://*.googlesyndication.*

Opera

場所:Opera\profile\urlfilter.ini

[exclude]
http://87.117.229.54/adserver/*
http://ad.nicovideo.jp/images/*
http://adb.nikkei.co.jp/ad/*
http://ads.yimg.com/us.yimg.com/*
http://ads1.msn.com/ads/*

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2005.03.08

XP SP2のMSIEでファイルがポップアップブロックでダウンロードできない。(3/8)

■現象:

ServicePack2(以下、SP2)を入れたWindows XPのMicrosoft Internet Explorer (以下、MSIE)で、ファイルをダウンロードしようとすると『ポップアップブロック』にひっかかりダウンロードできない。『ポップアップブロック』の『情報バー』をクリックしても、真っ白な白紙のページが表示されるだけ。

■解決策:

MSIEの「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブで「インターネット」ゾーンなどの「レベルのカスタマイズ」を選び、『ファイルのダウンロード時に自動的にダイアログを表示』を「無効にする」から[有効にする]に変更する。

■参考:

Windows XP SP2 ブロック解除
http://denkoprism.mew.co.jp/mew/common/help/xpsp2.htm

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

MSIE/XP SP2、「ポップアップブロック」の動作がよく分からない。宿題 (2/25)

Windows XP SP2での MSIEの「ポップアップブロック」の動作がよく分からない。フレームのあるページでポップアップされるウィンドウを有効にしたいのですが、うまく設定できず。

「Googleツールバー」の「ポップアップブロッカー」との動作の関係もよく分からない。

そもそも、「ポップアップブロック」自体の動作を「無効」にしたいのですが、それはセキュリティ的に「いけないことかい?(by 岡村靖幸)」なのかしら???

…って、ブラウザは最近は Mozilla Suite (not FireFox)に完全に移行してしまっていて、後は Sleipnir を使う位で、素のMSIEを使うことがないので、設定や動作がよく分からない… orz



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.03

Sleipnirの検索エンジンに"Google Desktop Search"を追加。(12/3)

Sleipnir検索エンジン"Google Desktop Search"を追加。これで検索バーから"Google Desktop Search"で検索できるようになる。

  • 先頭:http://127.0.0.1:4664/search&s=264568466?q=
  • 最後;&ie=UTF-8&btnG=Search+Desktop

「s=264568466」の部分は各端末で異なる数字。(3/21追加)

以上。

12/4追加:

"Google Desktop Search"のSORT(表示の優先順位)の指定の仕方:

  • Sorted by relevance : &flags=40 を「最後」欄などに追加して、例えば &flags=40&ie=UTF-8&btnG=Search+Desktop などとする。
  • Sorted by date : &flags=8 も同様。

以上。

■Google Desktop Search 関連記事

雑木林とコンピュータ: Sleipnirの検索エンジンに"Google Desktop Search"を追加。(12/3)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/sleipnirgoogle_.html

雑木林とコンピュータ: "Google Desktop Search"のホームページ(http://127.0.0.1:4664/)にMSIEだと接続できない。(12/2)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/google_desktop__1.html

雑木林とコンピュータ: Google Desktop Searchをインストール。その手順。便利!(12/1)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/google_desktop_.html



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.02

"Google Desktop Search"のホームページ(http://127.0.0.1:4664/)にMSIEだと接続できない。(12/2)

昨日まで表示できていたのに今日になったら、"Google Desktop Search"のホームページ(http://127.0.0.1:4664/)にMicrosoft Internet Explorer (MSIE)だと接続できない…(´・ω・`)ショボーン。 http://(IPアドレス)/localstart.asp へジャンプさせられてしまうのだ。 Mozillaだと問題なく表示できるのだが。

http://(IPアドレス)/localstart.asp

Web サービスが実行しています。

既定の Web ページが現在ありません。ほかのコンピュータからこの Web サイトに接続しようとしているユーザーは、現在ページを受け取っています。作成中 Web サーバーは既定の Web ページになり得るファイルを一覧表示しています : default.htm,default.asp,index.htm,iisstart.asp 現在 iisstart.asp のみが存在します。


既定の Web サイトにドキュメントを追加するには、c:\inetpub\wwwroot\ にファイルを保存してください。

環境は Windows XP で IIS 5.1 を動作させている環境。

他のWindows XP上で動作させている"PukiWiki"などはMSIEでもMozillaでも問題なく表示できるのだが。

原因は不明。宿題。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.30

http://localhost/がWindowsのMSIEで"Access Denied by Firewall"のエラーになる件(11/30)

http://localhost/ がWindowsのMicrosoft Internet Explorer(以下、MSIE)で表示できずに以下のようなエラーになる件について。同じ環境でも Mozilla だとhttp://localhost/が表示できていた。

ERROR

Access Denied by Firewall

The following error was encountered:

Access Denied by Firewall Access Rules.

Access control configuration prevents your request from being allowed at this time. Please contact the cache administrator if you feel this is incorrect.

原因は PROXY.PAC だった。

PROXY.PACに以下のように localhost の記述を追加したら MSIE でも表示できるようになった。

if (shExpMatch(url, "http://localhost*")) {return "DIRECT";}

逆になぜ Mozilla で http://localhost/ が表示できていたかは不明。

詳細は後日掲載。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

『WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド』アライド・ブレインズ, 安藤昌也 読了(10/28)

『WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド』アライド・ブレインズ, 安藤昌也 読了


Amazon.co.jp: 本: WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド

メモは後日まとめて掲載・アップします。

12/5 p10~p50の記述忘れを追加。
10/30 キオスク端末について追加

p10 「平成13年身体障害児・者等実態調査」によると、全国の18歳以上の身体障害者数は約325万人と推計されます。

p10 平成16年5月1日現在の日本の高齢者(65歳以上)人口は2,471万人で、総人口の19.3%を占めています。

p12 ※5
インターネットを利用している人は視覚障害者の69.7%、聴覚障害者の81.1%、肢体不自由者の43.6%、知的障害者の19.6%となりました。

p12 2002年末のインターネット利用率は日本人全体の54.5%となっており、この値と比較しても障害者のインターネット利用率がとても高いことがわかります。

p30 シェアウェアの「色々の色(http://www9.plala.or.jp/pec/03713/w/)」

p40 日本アイ・ビー・エムのインターネット閲覧支援ソフト「らくらくウェブ散策」

p42 1990年に制定された「障害を持つアメリカ人法」(ADA)

p42 ICT

p52 ウェブアクセシビリティ実証実験のホームページ「みんなのウェブ」

p62 WAIアクセシビリティガイドライン(略してWCAG)

  • 【レポート】Webアクセシビリティの新たな指針、WCAG第2版の草案を読む(1) (MYCOM PC WEB)
    http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/07/15/12.html

    WCAG第1版では、アクセシブルなコンテンツ制作のための基準を14のガイドラインに分け、それぞれの項目に対して具体的なチェックポイントを設けている。各チェックポイントにはさらに優先度1(必ず満たすべき項目で、満たさないとコンテンツにアクセスできないユーザーが出てくる)から優先度3(満たすことが望ましい項目で、満たさないとアクセスに多少困難なユーザーが出てくる)までのプライオリティがつけられている。


    第1版のガイドライン区分が機能主体であったのに対し、第2版ではPerceivable(知覚しやすい)、Operable(操作しやすい)、 Understandable(理解しやすい)、Robust(耐久性)という4つのユーザー主体のガイドラインに大きく分けられ、それぞれに対して計 18項目のチェックポイントが設けられた。

  • ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0 HTML技術書
    http://www.zspc.com/documents/wcag10-tech/html-techniques/

    目次

    * 概要

    * この文書の位置付け

    * 1 文書構造とメタデータ

    o 1.1 メタデータ

    o 1.2 構造的なグループ化

    * 2 言語情報

    o 2.1 言語の変更を明示する

    o 2.2 基本となる言語を明示する

    * 3 テキストのタグ付け

    o 3.1 強調

    o 3.2 略語と頭字語

    o 3.3 引用

    o 3.4 画像にするよりはタグとスタイルシートを使う:数式の例

    o 3.5 構造を表すその他の8つの要素(出典、ソースコード、削除部分などの明示)

    * 4 リスト

    o 4.1 リスト項目の前につくマークを変更する場合はスタイルシートを使う

    * 5 テーブル

    o 5.1 データを表すテーブル

    o 5.2 レイアウトに使うテーブル

    o 5.3 テーブルの線形化

    o 5.4 テーブルの後方互換性の問題

    * 6 リンク

    o 6.1 リンクしている部分の言葉

    o 6.2 リンクのグループ化とそれを読み飛ばす仕組

    o 6.3 キーボードによるアクセス

    o 6.4 アンカーとターゲット

    * 7 画像とイメージマップ

    o 7.1 画像に対する短い同等の役割を果たすテキスト("alt-テキスト")

    o 7.2 画像に対する長い説明

    o 7.3 ASCIIアート

    o 7.4 イメージマップ

    o 7.5 画像の配色

    o 7.6 動画

    * 8 アプレットとプログラム関連のオブジェクト

    o 8.1 アプレットとプログラム関連のオブジェクトに対する同等の役割を果たすテキストとテキスト以外のもの

    o 8.2 それ自身がアクセシブルなアプレット

    * 9 オーディオとビデオ

    o 9.1 音声による情報

    o 9.2 マルチメディアに対する同等の役割を果たすテキスト

    o 9.3 マルチメディア・オブジェクトの組み込み

    * 10 フレーム

    o 10.1 フレームのタイトルをつける

    o 10.2 各フレームの関係についての説明を書く

    o 10.3 フレームをサポートしていないブラウザ向けの内容を用意する

    o 10.4 フレームに入れる内容

    o 10.5 フレームの表示先

    o 10.6 フレームの代りとなるもの

    * 11 フォーム

    o 11.1 キーボードによるフォームへのアクセス

    o 11.2 フォームの構成部品のグループ化

    o 11.3 フォームの構成部品へのラベル付け

    o 11.4 グラフィカルなボタン

    o 11.5 特定の構成部品向けのテクニック

    o 11.6 フォームの後方互換性の問題

    * 12 スクリプト

    o 12.1 うまく変換されるスクリプト

    o 12.2 画面を明滅させるスクリプト

    o 12.3 点滅や移動をさせるスクリプト

    o 12.4 それ自身がアクセシブルなスクリプト

    o 12.5 スクリプトの代りとなる表現

    o 12.6 ページの更新と新しいウインドウ

    * 13 HTMLの要素と属性の索引

    o 要素

    o 属性

    * 14 参考文献

    * 15 資料集

    o 15.1 他のガイドライン

    o 15.2 ユーザーエージェントと他のツール

    o 15.3 アクセシビリティ関連

    * 16 謝辞

  • WCAG準拠サービス | 制作/開発 | ミツエーリンクス
    http://www.mitsue.co.jp/service/produce/wcag.html

    アクセシビリティの国際基準、WCAG1.0とは


    WCAG (Web Contents Accessibility Guideline)は、WAI (Web Accessibility Initiative)の推奨するガイドラインで、Webアクセシビリティを配慮する上での重要項目をまとめたバージョン1.0は1999年に発表されました。WAIは、インターネット技術に関する標準化の策定をおこなっている国際団体、W3C (World Wide Web Consortium)内に設けられた組織です。


    このガイドラインの項目は、優先度によって3つにレベルわけされており、最終的には3つのレベルのいずれかに準拠することが可能です。最低レベルのA(シングルエー)は、ごく基本的な項目を満たしたことを意味し、その上のレベルAA(ダブルエー)の項目を満たすことで、貴社サイトにアクセスできるユーザーグループはさらに増加します。最高レベルとして設定されているAAA(トリプルエー)では、サイトのアクセシビリティが大幅に向上することを意味しています。これらのレベルが正しくサイトに適用されていれば、サイトのアクセシビリティ度を判断する上で世界共通の目安になります。

p75 キオスク端末

  • HITACHI : 情報キオスク端末
    http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/acce/products/body/comstati/

    お年寄りや車椅子の方でも安心してご利用できる前面に設置された手すり。聴覚障害者の方も安心して操作できる手話アニメーションによる画面ガイダンス。視覚障害者の方には、ハンドセット・イヤホンによる音声ガイダンスや入力内容を確認できる点字表示。

     また、画面やカードリーダ、証明書取り出し口など使いやすさを考慮した設計はもちろんのことユニバーサルデザインの情報キオスク端末によって、住民票の写し、印鑑登録証明書など各種証明書の交付を行なえるのがCommunityStationIIIです。

  • キーワード:キオスク端末 日経BPガバメントテクノロジー・電子自治体ポータル
    http://premium.nikkeibp.co.jp/e-gov/keyword/2002/key014.shtml

    キオスク端末とは、街頭などに置かれる情報端末を指します。最近、民間部門では、コンビニエンスストア(コンビニ)でのチケット予約や航空会社の自動チェックインサービスなどに利用が拡大しています。

     電子政府・電子自治体では、役所に出向かなくても自宅や勤務先のパソコンから行政情報を入手し、行政サービスを受けることが可能になるといわれていますが、ではパソコンを持っていない住民は、こうしたメリットを享受できないのでしょうか。そこで注目されるのがキオスク端末です。行政部門でも、公民館などの公共施設にキオスク端末を設置し、行政情報や行政サービスの提供を開始する地方自治体が増えています。

  • メモリースティック・ドットコム|キオスク端末でプリントする
    http://www.memorystick.com/jp/lifestyle/tips/kiosk/

    画像データをメモリースティックで持ち出して、街角のコンビニなどにあるキオスク端末で手軽にプリントしてみませんか?プリントアウトは簡単。1枚50円程度* で、

  • Take IT Easy キオスク端末を作ってみよう (2000/09/19)
    http://www.internetclub.ne.jp/EASY/20000919.html

    ●Windows でお手軽キオスク端末を作ろう


    専用のタッチパネル向けブラウザソフトでなくとも、馴染みのインターネットエクスプローラやネットスケープナビゲータにも、実はキオスク端末用の設定があるのだ。例えば、インターネットエクスプローラなら「ファイル名を指定して実行」やMS-DOSプロンプトから


    "C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe" -k


    というように、「-k」オプションを付けて起動すればいい。ネットスケープも同様、「-k」、あるいは「-sk」といったキオスク端末用オプションを持っている。


    インターネットエクスプローラをキオスクモードで起動すると、タイトルバーやタスクバーすら表示されない全画面表示になる。ただしこのときに「タスクバーを自動的に隠す」という設定を外しておかないと、キオスクモードが有効に機能しないので注意が必要だ

詳細は画像をクリック

  • Touch Web|タッチパネルブラウザ
    http://www.hokkosangyo.com/touchweb.htm

    このソフトはTOTOKUタッチパネルでインターネット/イントラネットをお楽しみいただくために開発したブラウザです。すべての操作が指1本で可能。インターネットは初めての方でもらくらく操作ができること間違いありません。

  • Touch Web
    http://www.totoku.co.jp/dp/product/touchscreen/touch/

     Touch Webはタッチスクリーンディスプレイを利用して簡単にインターネットを操作するためのブラウザソフト。指先で画面に軽くタッチするだけで、アイコンやリンクボタンを操作。柔軟なカスタマイズ性能により、自動運転も可能です。

  • [TPS] ニュースリリース // 新iMacに対応したiMac with iTouchの出荷を開始[2000/03]
    http://www.tps.co.jp/release/000302.htm

    「iMac with iTouch」は、ブラウン管タッチを可能にした新技術「iTouch」により新iMacの外観をいっさい損なわず美しいデザイン、抜群の使いやすさを可能にしたもの。

  • タッチパネル・システムズ、タッチパネル式のiMacを発売
    http://ascii24.com/news/i/hard/article/1999/12/15/606029-000.html

    タッチパネル・システムズ(株)は、iMacにタッチパネルの機能を搭載したモデル『iMac with iTouch/333』の出荷を17日から開始する。価格は、19万8000円。

  • Shibata Corporation Ltd Home Page MEDIASAURUS T21
    http://www.shibata.co.jp/jtxt/t21.htm

    多機能マルチメディア
    キオスク

    いつでもどこでも、誰でもが簡単に必要な情報にアクセスすることのできるマルチメディア情報ターミナル。人間工学に基づいた先進フォルムの中にハードとソフト、さらに多彩なマルチメディア機能をインテグレートしました。文字情報の他に動画や音声、音楽を取り入れるとともに、TOTOKU 独自のタッチスクリーンによる指先一本による操作環境を実現。理想的な情報コミュニケーションを可能にしました。

  • Shibata Corporation Ltd Home Page MEDIASAURUS シリーズ
    http://www.shibata.co.jp/jtxt/t2.htm


    ハード、ソフト、
    周辺機器をパッケージした
    最先端マルチメディア
    情報ターミナル


    メディアザウルスシリーズ

    大人から子供まで、スムーズに必要な情報が取り出せるインフォメーション用のパッケージです。

    各種医療機関でのニーズに応える問診票パッケージ

    広範で膨大な情報を、生かして伝える案内役
    美術館、博物館用パッケージ

    多くの人々が訪れる官庁や自治体、企業などでさまざまな問い合わせや連絡に対応する受付用パッケージ

11/11追加

  • ブラウザで右クリック禁止したい!
    http://tohoho.wakusei.ne.jp/lng/199812/98120010.htm

    Windowsなら「キヨスクモード」「スーパーキヨスクモード」で起動するという方法があります。
    Netscape、IEとも起動時のオプションに「-k」をつけます。
    ネスケ4で「-sk」とするとスーパーキオスクモードになります。

  • iCabを極める > 質問掲示板 - No.674  Re[5]:WindowsのIEでキオスクモードはできますか?
    http://popup.tok2.com/home/icab/bbs/treebbs.cgi?log=674

    これまたCtrl+TabやWindows+Dなどで
    簡単に脱出できてしまったりします。
    ほかのソフトがウィンドウを表示した瞬間に
    タスクバーも表示されてしまいます。
    ただの全画面表示と大して変わりません。
    多少Windowsに知識がある人に触られればおしまいです。

p77 ウェブ利用の多様さに出会う

目にも留まらぬ速さと言う言葉がぴったりで、何のどこを操作しているのかが、私にはほとんど分かりませんでした。

  • 目で画面を見てマウスを操作する方法とは、全く違う使い方でウェブを利用している人がいる
  • その人達は、私たちと同じようにバリバリとウェブを活用している
  • しかし、設計の配慮の無いコンテンツは、情報が読み取れなかったり、操作利用が出来なかったりする

ぜひ自分とは違うウェブ利用に出会うことをお勧めします。

p85 文法

p86 正しい文法で書かれているかどうかを確認するツールを公開

  • The W3C Markup Validation Service
    http://validator.w3.org/

    Validate Your Markup

    Validate by URL

    Validate by File Upload

  • W3C CSS 検証サービス
    http://jigsaw.w3.org/css-validator/

    カスケーディングスタイルシート(CSS)をURLで指定して検証


    カスケーディングスタイルシート(CSS)をテキストエリアに直接入力して検証


    カスケーディングスタイルシート(CSS)をソースファイルをアップロードして検証

p87 丸数字やローマ数字などの機種依存文字(JIS規格では定義されていない、企業が独自に定義した文字)

p88 オブジェクトなどの技術を用いる場合もアクセシビリティの確保が必要

p88 オブジェクトなどの技術を用いたウェブコンテンツのアクセシビリティを確保するための技術情報は、以下のページで提供されています。

  • Flash
    Macromedia - アクセシビリティ : Macromedia Flash MX 2004 によるアクセシブルコンテンツの作成アクセシビリティを実現するベストプラクティス
    http://www.macromedia.com/jp/macromedia/accessibility/features/flash/hints.html

    ビジュアルな要素にはテキスト情報を割り当てる

    Flash コンテンツの読み上げ順序を指定する

    音声コンテンツにはキャプションを指定する

    ループする要素をアクセス不能にする

    ユーザーが動作を制御できるようにする

    コントロールはすべてキーボードでアクセスできるようにする

    複雑な Flash ムービーは、構造をわかりやすく示す

    コントロールの状態を提示する

    色使いに配慮する

    アクセシビリティを検証する

  • JavaApplet
    http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/

    Java IDL

    Java Accessibility API

    Java Accessibility ユーティリティ

    キーボードナビゲーションサポート機能

    プラグイン可能な Look & Feel

    Java Accessibility ドキュメント

p90 「イベントハンドラの使用方法」、JavaScript

p147 SMIL ...W3C Synchronized Multimedia Integration Language:スマイル)

  • IT用語辞典 e-Words : SMILとは 【Synchronized Multimedia Integration Language】 ─ 意味・解説
    http://e-words.jp/w/SMIL.html

     動画、静止画、音声、音楽、文字など様々な形式のデータの再生を制御して同期させる言語。XMLで記述されている。1998年4月にW3C標準として勧告された。どの位置に、どのタイミングで、どのくらいの時間表示するのか、といったことが制御できる。これを実装した製品としてはRealNetworks社のRealSystem G2がある。

  • SMILでいこう
    http://www.smi.co.jp/smil/

    SMILの特徴
    SMILの特徴としてまず取り上げたいのが、HTMLと同じようなテキスト記述で構成するということ
    だ。Webページがどのような仕組み(記述)で表示されるかということを理解しているようであれば
    SMILはすぐに習得できる。また、クリエィティブなWeb表現を行う感覚で作成できるので、まさに
    最適なマルチメディアプレゼンテーション手法であり、主にRealMedia の表現手法として取り入れ
    られるケースが多いようだ。


    SMILプレゼンテーション具体的な特徴としては以下のようなものが上げられる。

  • HTML+TIME(HTML+SMIL)
    http://www2h.biglobe.ne.jp/~hnakamur/technolab/howto/time/time.htm

    『HTML+TIME』は、マイクロソフトが提唱している規格で、SMILの最新規格のサブセット『HTML+SMIL』をサポートしています。簡単に言うとHTMLの中にSMILで記述する時間情報等を埋め込み、ブラウザ(IE)上で SMIL相当の機能を実現すると言った感じです。対応ブラウザは、最新のIE5.5以降で、NetscapeCommunicator ではサポートされていません。

  • 自映館・SMIL基礎講座(入門編)vol.1
    http://www.gorinkan.org/DVedit/s-intro1.html

     ところで、ストリーミング配信ができるのは、何もビデオ映像や音声に限ったことではありません。写真をスライドショー形式で放送したり、文字放送を行なったり、アニメーションを作成したり、さらにはそれらを組み合わせたりと、様々な用途が考えられます。そして、それを実現するために登場したのが「SMIL」(スマイル)という言語なのです!

     そこで、この「SMIL基礎講座」では、様々なストリーミングメディアを駆使して思い通りのプレゼンテーションができるよう、基礎的な事柄を中心に、特に通常のWebサーバからの配信に留意して幅広い情報を提供していく予定です。

    今のところ事実上RealSystem G2が唯一の実行可能なソフトなのです。

●参考ページ

 さて、ここまでSMILについてグダグダと書いてきましたが、「百聞は一見に如かず」ですので、まずは参考となるページを覗いて見て下さい。以下にいくつか例を挙げておきます。

* RealMedia作品集

この講座を開設している自映館の作品集です。静止画を使用しているものについては、SMILを駆使して表現しています。

* SMIL School

SMILに関する作成方法等を99年1月より連載しており、いくつかSMILのサンプルもあります。

* 映像であそぼ

ここもSMILに関する作成方法等が詳しく記載されており、サンプルも比較的充実しています。

* Real社のSMILサンプル集

RealNetworks社が提供しているSMILサンプル集です。正直あまり面白味はないです (^^;) が、参考にはなるはずです。

* RealGuide

上記の他にRealMediaファイルを見たい場合は、RealGuideに行ってみれば、SMILに限らず、様々なストリーミング映像が見られます。

p151 ZoomText ... パソコンの画面を拡大表示するソフト

p158 文字色と背景のコントラスト
具体的には、同系色を用いない、明るさの異なる色を用いるなどに注意するとよいでしょう。

p162 明朝体とゴシック体
弱視や高齢者のユーザーの中には、明朝体より、線の幅が一定なゴシック体のほうが読みやすい場合があります。特に画面を拡大している場合、明朝体の文字は線がぎざぎざになってしまって読みにくくなることがあります。

p163 文字色の指定にはスタイルシートを用いる
スタイルシートが適用されない環境では文字色と背景色とのコントラストが失われ、文字が読み取れなくなる可能性があります。

p171 けいれん、20Hz(1秒間に20回)の点滅にピーク

p175 外国語の使用は避ける
アルファベットで記述するのではなく、カタカナで表記する。

p189 チェックツール(検証ソフト)によるチェック

  • ウェブヘルパー
    • ウェブヘルパーを利用する:みんなのウェブ
      http://www.jwas.gr.jp/helper/index.html

      ウェブヘルパーは、日本語ウェブページのアクセシビリティを点検・修正するためのシステムです。

  • ウェブヘルパー ASP版
    http://webhelper.aao.ne.jp/index.jsp

    ウェブヘルパーASP版(Provided by A.A.O.)は、日本語ウェブページのアクセシビリティをWeb上で点検するためのシステムです。

  • Baddy
    • Welcome to Bobby WorldWide
      http://bobby.watchfire.com/bobby/html/en/index.jsp

      This free service will allow you to test web pages and help expose and repair barriers to accessibility and encourage compliance with existing accessibility guidelines, such as Section 508 and the W3C's WCAG. To learn about products to test websites of all sizes for accessibility issues, please visit the accessibility section on www.watchfire.com.


      Please note: This online dialog tests only one page at a time. The server limits the number of pages it checks in order to keep the online service available to all to one (1) web page per minute.


      To run a Bobby scan, enter the URL of the page you want to test, select the guidelines to use, and click Submit.
      URL:

ウェブアクセシビリティ検証ツールを使って、HTML等のマークアップレベルでチェックする。

p200 A.A.O. - Webアクセシビリティ実用サイト
http://www.aao.ne.jp/

p224 A.A.O. - Webアクセシビリティ実用サイト
http://www.aao.ne.jp/

  • A.A.O. - 情報伝達度チェッカーの提供
    http://www.aao.ne.jp/author/itcheck/index.html

    情報伝達度チェッカーVer.4は、ウェブスタイル研究所が開発したアクセシビリティ確認ツールです。


    Web制作者が自主的にコンテンツのアクセシビリティを向上できるよう、ガイドするのが目的のツールです。このツールを利用することによって、アクセシブル・デザインのポイントを理解することができるでしょう。

  • ウェブヘルパー ASP版
    http://webhelper.aao.ne.jp/index.jsp

    ウェブヘルパーASP版(Provided by A.A.O.)は、日本語ウェブページのアクセシビリティをWeb上で点検するためのシステムです。

p226 A-COMPASS | WebアクセシビリティJIS対応支援ツール
http://www.aao.ne.jp/ac/index.html

JIS対応は万全ですか? A-COMPASS(エー・コンパス)は、デザイン性とアクセシビリティを両立させた多数のサンプルページ、サンプルを試用した障害者・高齢者の生の声、サンプルを活用するためのユーザーズガイドを提供し、あなたのサイトのアクセシビリティ向上を強力に支援します。

ページ目次

* 製品概要メニュー

* サイトメニュー

* ニュース

* トピックス

製品概要メニュー

アクセシブルなウェブサイト構築への羅針盤

A-COMPASSコンセプトをご紹介

ひな型を選ぶ・使う

豊富なサンプルをそのまま設計や外部発注に使う

素材を活用する

ページや構成パーツを制作・更新の素材として活用する

ユーザーを理解する

高齢者・障害者の生の声を知りアクセシビリティを高める

技法を習得する

CSSデザイン、最新の配慮技法をマスターする

p228 A-COMPASS テンプレートに対する障害者の評価コメント

収録内容: A-COMPASS
http://www.aao.ne.jp/ac/outline/contents.html#sec-b

評価データ


A-COMPASSでは、収録された各サンプル・コンテンツに対し、高齢者・障害者の点数評価と評価コメントが付いています。計21名の皆様のご協力により、ウェブアクセシビリティのノウハウが凝縮された「障害者・高齢者の生の声のデータベース」が実現しました。

p231 その他の支援ツールの例

  • CSS 検証サービス
    • W3C CSS 検証サービス
      http://jigsaw.w3.org/css-validator/DOWNLOAD.html

      validator(検証ソフト)のダウンロード


      W3C CSS 検証サービス


      カスケーディングスタイルシート(CSS)をURLで指定して検証


      カスケーディングスタイルシート(CSS)をテキストエリアに直接入力して検証


      カスケーディングスタイルシート(CSS)をソースファイルをアップロードして検証

  • ウェブヘルパー
    • 総務省ウェブアクセサビリティ実証実験
      ウェブヘルパーを利用する:みんなのウェブ
      http://www.jwas.gr.jp/helper/
  • WebInspector
    • デザイン > ユニバーサルデザイン > 富士通アクセシビリティ・アシスタンス > WebInspector - FUJITSU Japan
      http://design.fujitsu.com/jp/universal/assistance/webinspector/

      WebInspectorは、作成したWebサイトが高齢者や障害のあるかたにとっても読みやすいかを診断するソフトウェアです。HTMLファイルだけでなくCSS(Cascading Style Sheet)を使用したWebサイトのアクセシビリティも診断します。WebInspectorは、WindowsとMac OS Xで動作し、無償で今すぐダウンロードしてお使いいただけます。

  • 富士通 WebInspector の徽章を付けた
    http://homepage.mac.com/yuji_okamura/iblog/iSawIt/C957330442/E1926038586/

    以前検査に合格したした富士通の WebInspector の徽章(Goodマーク)を付けました。それから A.A.O にアクセシブル・バナーを付けたことを連絡したら、リストに登録してもらえました。


    もしそのリストから辿った方などで、このサイトで使いにくいところがありましたら是非教えてください。本当にこれで使いやすくなったのか実は不安でしょうがないのです。

  • Personal i-Checker
  • ウェブバリアファインダー
    • インフォ・クリエイツ:ウェブバリアフリー:バリアフリー無料診断トップ
      http://www.infocreate.co.jp/bf/wbf/index.php

      バリアフリー無料診断 ウェブバリアファインダーについて

      ウェブバリアファインダーは、IT戦略会議の指針に基づくガイドラインのうち下記項目について診断を行います。

      ウェブの品質管理については、ウェブ品質管理ソリューションをご利用ください。

      ● 音声や画像で表示されるコンテンツは代替手段を提供すること

      ・ 画像にAltテキストが用意されているか

      ・ イメージマップのリンク先にAltテキストが用意されているか

      ・ サーバーサイドイメージマップが使用されているか

      ● 時間の経過に伴って変化するコンテンツに対してユーザの制御を保証すること

      ・ タイトルが用意されているか

      ・ BLINKタグやMARQUEEタグを使用しているか

      ● 特定の装置(デバイス)に依存しない設計であること

      ・ scriptタグに対して、noscriptタグが用意されているか

  • ColorDoctor
    • デザイン > ユニバーサルデザイン > 富士通アクセシビリティ・アシスタンス > ColorDoctor - FUJITSU Japan
      http://design.fujitsu.com/jp/universal/assistance/colordoctor/

      ColorDoctorは、あなたが仕事や生活の中で利用するウェブサイトや動画、プレゼンテーション資料で色のアクセシビリティをチェックするためのツールです。ディスプレイ上に映し出される全てのリアルタイム描画データや資料の色のアクセシビリティチェックが可能です。ColorDoctorは、Windows XPで動作し、無償で今すぐダウンロードしてお使いいただけます。

  • LIFT for Macromedia Dreamweaver
    • ソシオメディア:アクセシビリティツール「LIFT 2.2」
      http://www.sociomedia.co.jp/lift/

      『LIFT for Macromedia Dreamweaver 2.2 日本語版』は、ウェブ制作・運営現場における JIS X 8341-3:2004 などのアクセシビリティガイドラインに対応したウェブコンテンツの制作をサポートするソフトウェアです。
      価格改定のお知らせ: 新定価37,800円(税込)となり、お求めやすくなりました。

目次

第1章
JIS規格化の背景
1-1 なぜウェブアクセシビリティが求められるのか
1-1-1 アクセシビリティとは
1-1-2 増加する障害者・高齢者ユーザー
1-1-3 障害者・高齢者にとってのウェブの役割
1-1-4 ウェブアクセシビリティの重要性

1-2 障害者・高齢者のウェブ利用特性と利用環境
1-2-1 多様なウェブ利用者と利用環境
1-2-2 全盲ユーザー
1-2-3 弱視ユーザー
1-2-4 色覚障害ユーザー 
1-2-5 聴覚障害ユーザー 
1-2-6 肢体不自由ユーザー
1-2-7 高齢者ユーザー
1-2-8 その他に配慮が必要なユーザー

1-3 国内外の動向
1-3-1 アメリカ合衆国
1-3-2 ヨーロッパ
1-3-3 国際的なウェブ標準化団体における取り組み
1-3-4 日本政府による推進の取り組み
1-4 ウェブコンテンツJISの位置づけ
1-4-1 JIS(日本工業規格)とは何か 
1-4-2 なぜウェブアクセシビリティがJIS化されたのか
1-4-3 ウェブコンテンツJISの枠組み
1-4-4 WAIアクセシビリティガイドラインとの関係
1-4-5 「ウェブコンテンツJIS」発効による社会的インパクト


第2章
ウェブコンテンツJIS・解説と対応策
2-1 ウェブコンテンツJISの要件を読む前に
2-1-1 ウェブコンテンツJISの原文を必ずチェックする
2-1-2 最初に知っておくこと
2-1-3 序文
2-1-4 適用範囲
2-1-5 引用規格
2-1-6 定義

2-2 一般的原則
2-2-1 基本方針
2-2-2 基本的要件
2-2-3 推奨要件

2-3 開発及び制作に関する個別要件
2-3-1 規格及び仕様
2-3-2 構造及び表示スタイル
2-3-3 操作及び入力
2-3-4 非テキスト情報
2-3-5 色及び形
2-3-6 文字
2-3-7 音
2-3-8 速度
2-3-9 言語

2-4 情報アクセシビリティの確保・向上に関する全般的要件
2-4-1 企画・制作に関する要件
2-4-2 保守及び運用に関する要件
2-4-3 検証に関する要件 
2-4-4 フィードバックに関する要件
2-4-5 サポートに関する要件

第3章
自治体・公的機関・企業における実践
3-1 ウェブコンテンツJIS対応5つのポイント
3-1-1 Point1 全工程を対象に組織的に取り組む
3-1-2 Point2 ユーザーを知り、配慮の必要性を理解する
3-1-3 Point3 現実的な目標を設定し、段階を踏んで対応する
3-1-4 Point4 組織内ガイドラインを整備し周知徹底する
3-1-5 Point5 デザインテンプレートを活用し効率化とリスク軽減を図る

3-2 組織的対応の枠組み
3-2-1 ウェブコンテンツJIS対応の3フェーズ
3-2-2 方針検討フェーズの取り組み
3-2-3 体制整備フェーズの取り組み
3-2-4 実践フェーズの取り組み
3-2-5 取り組みの全体像

3-3 支援サービスとツールの紹介
3-3-1 総合情報サイト A.A.O
3-3-2 支援ツール
3-3-3 支援サービス

コラム
1.ウェブ利用の多様さに出会う(大久保 翌)
2.弱視についてのエトセトラ(伊敷 政英)
3.ウェブは必要不可欠で魔法のような存在です(栗原 征史)
4.ホームページ作成の習得にも挑戦中です(平野 忠雄)

付録 アクセシビリティ関連情報サイト・資料・書籍一覧
索引



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.25

MozEx/Mozilla AreaEditor/Sleipnir xyzzy 文字化け

9/25 mozex/Mozilla AreaEditor/Sleipnir xyzzy 文字化け

PukiWikiを使うようになって Mozilla/Sleipnir でテキストエリアで作業をすることが多くなった。テキストエリアのサイズは狭く作業をしづらく、かといってむやみにテキストエリアを広げるとまた作業しにくい。そこで、テキストエリアで好きなテキストエディタが使えるということを覚えていたので調べて以下のソフトのインストールを行った。
尚、エディタは xyzzy を使うつもり。

AreaEditor / Sleipnir

以下のソフトをダウンロード。

AreaEditor - 特徴
http://www.iburiworks.com/jp/products/areaeditor/features.html

特徴
BlogやWikiはもっと楽になります
テキスト編集エリアから外部エディタを起動

外部エディタで上書き保存操作を行うと、自動的にテキスト編集エリアに変更内容が反映されます。

インストール後、「スタートメニュー」から「AreaEditor」→「メニューの編集」を起動。複数のテキストエディタを登録できる。
「追加」ボタンで xyzzy のパス(例:D:\Program Files\xyzzy\xyzzycli.exe)を登録するが動かない…(--;
AreaEditor xyzzyで検索すると以下のページが。

AreaEditor + Xyzzy + Sleipnir : 亜細亜ノ蛾 - Weblog
http://asiamoth.com/mt/archives/2004-07/06_0058.php

★Xyzzy + AreaEditor で編集できるようになりました
(2004.07.14 追記)

解決方法を探していたら、バッチリ見つかりました。

xyzzycli.exe を同じフォルダ内にコピーし、notepad.exe とリネームする
同じフォルダ内に notepad.ini というファイルを作成(内容は後述)
AreaEditor で呼び出すエディタを、上記の notepad.exe に設定
notepad.ini の内容は、下記のようにする
[xyzzy]
compatNotepad=1

で、この通りに notepad.ini にこの2行だけ書いた notepad.ini を作成して、notepad.exe を起動すると…。
おおっ!動きました。感謝!!

mozex/Mozilla

※mozex は不安定なようです。人により当たり外れがあります。私のようにはまるとWikiなどのデータも消えます。(私はPukiWikiの自動バックアップ機能で助かりましたが…。)それなりの 覚悟でどうぞ。

以下のページに mozex の紹介がありました。

textarea - textareaとテキストエディタ連携
http://www.hyuki.com/yukiwiki/wiki.cgi?textarea#i8

# mozexをつかえば、textareaを任意のエディタで編集可能になります。
# ただし、mozdev.org のものは日本語(マルチバイト文字?)が文字化けしてしまうので、http://plasma.z6i.org/archives/003180.html のものがおすすめです。

えーと、皆さん書かれていることですが、リンク先は「中国語」のようですが、

Plasma's BLOG: mozex installer wich T.Chinese fix
http://plasma.z6i.org/archives/003180.html

Download the installer here.

の「Download ... here」(リンク先は http://freebsd.sinica.edu.tw/~plasma/mozex-1.07.xpi)からダウンロードして下さい。

Mozilla のメニュー「編集」→「設定」→「mozex」を選択して Textareas: には以下の1行を設定。短い名前しか認識されないので「Program Files」は「Progra~1」とする。

C:\Progra~1\xyzzy\xyzzycli.exe %t

「Directory for temporary files 」には例えば以下のような一時ディレクトリを設定。

C:\WINDOWS\Temp

mozex の起動は Xyzzy側で「ツール」→「共通設定」「読み込み」「自動判別」にしていると駄目。
「自動判別」ではなく「UTF-8」にすると文字化けせずに表示された。ただ「UTF-8」にしてしまうと、今度はSleipnirのAreaEditorの文字コードが文字化けしてしまうので、UTF-8に設定したXyyzyを別にインストールしてmozex側では、そのUTF-8専用のXyzzyを使うようにする。
それでもしばし文字化けするので、その際には Directory for temporary files に設定した一時フォルダで moz_mozex.textarea.***.txt も削除して、Mozilla も再起動(高速起動からも終了)させる。
何かあったら、データのバックアップがある限り、この「一時フォルダの削除」と「再起動」を行う。

以上。

xyzzy での2つのソフト「AreaEditor/Sleipnir(MSIE)」「Mozex/Mozilla」を比べると感想は…

  • mozex の起動はMozillaのテキストエリアで右クリック「mozex」→「Edit Textarea」とすると xyzzy が起動される。
    AreaEditor/Sleipnir(MSIE)の右クリック「xyzzy で編集する」などと一回で起動できるのと比べるとクリックが1回多い分操作性は悪い。またmozexではエディアのバッファがテキストエリアに反映されるまで一呼吸ある感じでワンテンポ遅い。
  • mozex/Mozilla の組み合わせは、 AreaEditor/Sleipnir の組み合わせよりも不安定であまり大事なものや急いでいるときなどには使えず、人にも mozex の使用はすすめられない。尚、エディタはXyzzyのみしか両方のブラウザでは試していない。
    本当に残念なのだが…。

…です。



| | コメント (0) | トラックバック (1)