2005.05.13

showrssプラグインでLast.FM/Audioscrobbler (5/13)

PukiWiki 1.4.4(Debian Linux Sarge)のshowrssプラグイン(ver 1.13)で Last.FM/AudioscrobblerのRSSを表示させようと思ったのだが、Last-Modifiedの行だけしか表示できず。RSSの取得自体はcacheディレクトリにされているのだが。またPHP4もphpinfoなどからXMLをサポートしている様子なのだが。showrssのソースを見たが分からず。

Last.FM/Audioscrobbler特有の現象なのか他のRSSとの切り分けなどが必要。

宿題。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

PukiWiki 1.4.4で「一覧」のChaSenによるページ名の読みの取得機能」がエラーになる。Debian Linux 3.0(Woody) (2/14)

PukiWiki 1.4.4 の「一覧」画面で「日本語」を「読み」で並べ替えようと Chasen を指定したがエラーになってしまう。

環境は Debian Linux 3.0(Woody)。
pukiwiki.ini.php にて $pagereading_enable に 1 を指定。

1回目のエラー

http://(WWWサーバ)/~hogehoge/pukiwiki/?cmd=list

Fatal error: Call to undefined function: mb_regex_encoding() in /home/hogehoge/public_html/pukiwiki/lib/func.php on line 280

mb_regex_encoding() が定義されていないようなので、以下のページを参考に mbregex_encoding() に書換え。

BugTrack/529 - PukiWiki-dev
http://pukiwiki.org/dev/index.php?BugTrack%2F529
「ChaSen, KAKASI による、ページ名の読みの取得機能」が利用できない (Debian woody限定)
の通りにfunc.phpを修正。

しかし、今度は以下のエラーになる。

2回目のエラー

http://(WWWサーバ)/~hogehoge/pukiwiki/?cmd=list

Fatal error: Call to undefined function: mbregex_encoding() in /home/hogehoge/public_html/pukiwiki/lib/func.php on line 690

どうやら Debian Linux 3.0(Woody)のPHP4 で mbregex_encoding() が使えない様子。コンパイル時に「--enable-mbregex」が指定されていない???

Debian Linux 3.0 (Woody)での PHP4 のバージョン


$ dpkg -s php4
Package: php4
Status: install ok installed
Priority: optional
Section: web
Installed-Size: 1369
Maintainer: Adam Conrad

Version: 4:4.1.2-7.0.1

参考:
[PHP-users 8187] Re: mb_regex_encodingとmbregex_encoding について
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2002-June/008192.html

2004/04/23追加:

Debian GNU/Linux 3.1 Sargeの環境(php4 4.3.10-12, chasen 2.3.3-5)では、PukiWiki 1.4.4の「一覧」で「読みによる並べ替えができました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

MeCabを使ってMemorium向けに、PukiWikiのページから名詞・形容詞を抽出し、キーワードファイルを生成するPerlスクリプトを「改版」(1/28)

MeCabを使ってMemorium向けに、PukiWikiのページから名詞・形容詞を抽出し、キーワードファイルを生成するPerlスクリプト (1/24) (http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/mecabmemoriumpu.html)を改良しました。

変更点は以下の2点。

  • 入力ファイルの文字コードをPerlスクリプト内で、EUCに変換すること
  • Perlスクリプトの引数として、入力ファイルのパスを指定できるようにした。入力ファイルの引数が省略された場合は、既定値でPukiWikiのファイルから入力するようにする。

これで好きなファイル(例えば、HTMLページなど)をMemoriumにキーワードとして渡すことができるようになりました。

以下、変更したソース。Perlの超超超初心者なので汚いところや変なところはご容赦を。

■Perlを起動して、出力ファイルをUTF8に変換するシェルスクリプト

perl /home/hogehoge/bin/pukiwiki2memorium.pl $1
lv -Ou8 /home/hogehoge/public_html/tmp/MemoriumKeywords.txt.euc  >/home/hogehoge/public_html/tmp/MemoriumKeywords.txt.utf8

■Perlスクリプト

#!/usr/bin/perl
use Jcode;

my $i_dir = '/home/hogehoge/public_html/pukiwiki/wiki';
my $o_dir = '/home/hogehoge/public_html/tmp';
my $o_memorium_fn = 'MemoriumKeywords.txt.euc';
my $from_pukiwiki = 'true';
my $i=1;
my @o_memorium;

# 標準入力から入力ファイル
if ( ($#ARGV+1) >= 1 ) {

  $from_pukiwiki = 'false';
  print "MeCab への入力ファイルは引数\n";
  my $i_filename = $ARGV[0];
  chomp $i_filename ;
  open(I_PUKIWIKI,"<$i_filename") || die "Can't open 引数の入力ファイル";

  $o_memorium[0] = ":ファイルからのメモ:";

}
else {
  print "MeCab への入力ファイルは PukiWiki\n";
  # Select PukiWiki Newest File
  opendir(DIR,$i_dir) or die "$!";

  while($filename=readdir(DIR) ) {
    @stat = stat $i_dir.'/'.$filename;
    ($sec,$min,$hour,$mday,$mon,$year,$wday,$yday,$isdat) = localtime($stat[9]);
    $mtime=sprintf("%04d%02d%02d%02d%02d%02d",$year+1900,$mon+1,$mday,$hour,$min,$sec);
    push(@fnames,$mtime.",".$filename);
  }
  closedir(DIR);

  @fnames=sort{$b cmp $a}@fnames;

  my @i_date_pukiwiki = split(/,/,@fnames[1]);

  my $i_pukiwiki = @i_date_pukiwiki[1];

  # Read PukiWiki Newest File
  my $i_pukiwiki_path = $i_dir."/".$i_pukiwiki;
  open(I_PUKIWIKI,"<$i_pukiwiki_path" ) or die "$!";

  $o_memorium[0] = ":PukiWikiからのメモ:";

}

my $o_memorium_path = $o_dir."/".$o_memorium_fn;
open(O_MEMO, ">$o_memorium_path" ) or die "$!";


while( <I_PUKIWIKI> ){
 # MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer
 # http://chasen.org/~taku/software/mecab/
 use MeCab;

 # 入力ファイルの文字コードをEUCに変換
 $_ = jcode($_)->euc;

 my @arg = ($0, "-Ochasen");
 my $mecab = new MeCab::Tagger (\@arg);
 my @memorium_card = $mecab->parse($_);

# MeCab 品詞で処理を分ける。
# tune apps:Memorium
# http://blog.livedoor.jp/tunepolo/archives/6794946.html

 foreach my $row ( @memorium_card ) {
   my @rows = split(/\n/,$row);
   foreach my $card ( @rows ) {
     if ( $card =~  /名詞|形容詞|副詞|接続詞/ ) {
       my @meisi_list = split(/\t/,$card);
       
       # Output Memorium Format
       # Memorium Keywords - Memoriumプラグイン
       # http://www.persistent.org/memorium/hiki.cgi?Memorium%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3
       # :単語:品詞: の形式で出力

       $o_memorium[$i] = ":".$meisi_list[0].":".$meisi_list[3]."\n";
       $i=$i+1;
       }
     }
   }
}

my %count;
@o_memorium = grep(!$count{$_}++, @o_memorium);

print @o_memorium;
print O_MEMO @o_memorium;
close(O_MEMO);

print "PukiWiki -> Memorium.Done!\n";

EOF 

■MeCabで抽出したキーワードの例:

MeCab(+辞書 ipadic)は「半角英数字」はダメだけど、「HP」「in」のような「全角英数字」は抽出してくれるのか。ならPerlスクリプト内でMeCabへ渡す前に「半角英数字」を「全角英数字」に変換する?(宿題)

:メール:名詞-サ変接続
:バックアップ:名詞-サ変接続
:仕様:名詞-一般
:モバイル:名詞-一般
:台:名詞-接尾-一般
:目:名詞-接尾-一般
:いつ:名詞-副詞可能
:どこ:名詞-代名詞-一般
:名無し:名詞-一般
:結構:副詞-一般
:がっかり:副詞-助詞類接続
:同期:名詞-副詞可能
:ん:名詞-非自立-一般
:もん:名詞-非自立-一般
:無い:形容詞-自立
:in:名詞-一般
:ファイル:名詞-一般
:良い:形容詞-非自立
:テキストエディタ:名詞-一般
:やつ:名詞-非自立-一般
:インフォメーション:名詞-一般
:みなさま:名詞-代名詞-一般
:いつも:副詞-助詞類接続
:HP:名詞-一般
:作成:名詞-サ変接続
:更新:名詞-サ変接続
:なかなか:副詞-助詞類接続

1/29 追記:
「あたまがうにになる: 人工無能を作ろう~汚染チェック(perl) (http://www.i-on.gr.jp/~lan/blog/archives/000260.html)」を参考に「半角→全角」に変換の処理を、手元のPerlスクリプトの方には入れてみましたが効果の程は???

以上。

うーん、次の興味は「人口無能」かしら。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

MeCabを使ってMemorium向けに、PukiWikiのページから名詞・形容詞を抽出し、キーワードファイルを生成するPerlスクリプト (1/24)

日記やメモ帳代わりにしているPukiWikiのページから、日本語形態素解析ソフト 「MeCab」を使ってMemorium向けに名詞・形容詞を抽出し、キーワードファイルを生成するPerlスクリプトを作ってみました。 Perl初心者なのでめちゃくちゃなコーディングはお許し下さい。でも、動くことは動きます。

  • 単にMeCabを使ってみたかっただけ。まだよく分かっていません。
  • Memorium自体の動作としては、PukiWikiから抽出したキーワードに偏りがあり、いい検索結果がでず、面白くないです。
  • 実行環境が Debian Linux 3.0(Woody)でPerlのバージョンが5.6.1と5.8以降でないため、 PerlでMemoriumのキーワードファイルのUTF8形式に変換できませんでした。シェルスクリプトで lv コマンドで一度EUCに生成されたキーワードファイルをUTF8に変換しました。
  • 「名詞」と「形容詞」をPukiWikiから抽出します。
    1/28追記:「接続詞」「副詞」も追加
  • 1/28追記:
    今後の課題:
    • 1.入力ファイルの文字コードをEUCに変換すること
    • 2.入力ファイルを引数で指定できるようにして、入力ファイル省略された場合は、既定値でPukiWikiのファイルから入力するようにする。

1.Perl、lvコマンド起動シェルスクリプト:

perl /home/hogehoge/bin/pukiwiki2memorium.pl
lv -Ou8 /home/hogehoge/public_html/tmp/MemoriumKeywords.txt.euc  >/home/hogehoge/public_html/tmp/MemoriumKeywords.txt.utf8

2.MeCabを使ったキーワード抽出Perlスクリプト(暫定版)

#!/usr/bin/perl

my $i_dir = '/home/hogehoge/public_html/pukiwiki/wiki';
my $o_dir = '/home/hogehoge/public_html/tmp';
my $o_memorium_fn = 'MemoriumKeywords.txt.euc';

# PukiWikiで更新の新しいページからキーワードを抽出
# 日付順でSORTした。
opendir(DIR,$dir) or die "$!";

while($filename=readdir(DIR) ) {
  @stat = stat $dir.'/'.$filename;
  ($sec,$min,$hour,$mday,$mon,$year,$wday,$yday,$isdat) = localtime($stat[9]);
  $mtime=sprintf("%04d%02d%02d%02d%02d%02d",$year+1900,$mon+1,$mday,$hour,$min,$sec);
  push(@fnames,$mtime.",".$filename);
}
closedir(DIR);

@fnames=sort{$b cmp $a}@fnames;
my @i_date_pukiwiki = split(/,/,@fnames[1]); #二番目に新しいファイルを読み込む。一番目は:Recentのため。
my $i_pukiwiki = @i_date_pukiwiki[1];


# 選択したPukiWikiのページからテキストを読み込む
my $i_pukiwiki_path = $i_dir."/".$i_pukiwiki;
open(I_PUKIWIKI,"<$i_pukiwiki_path" ) or die "$!";

my $o_memorium_path = $o_dir."/".$o_memorium_fn;
open(O_MEMO, ">$o_memorium_path" ) or die "$!";


my $i=0;

# 読み込んだテキストにMeCabを実行
while( <I_PUKIWIKI> ){
 # MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer
 # http://chasen.org/~taku/software/mecab/
 use MeCab;
 
 my @arg = ($0, "-Ochasen");
 my $mecab = new MeCab::Tagger (\@arg);
 my @memorium_card = $mecab->parse($_);

# MeCab 品詞で処理を分ける。
# tune apps:Memorium
# http://blog.livedoor.jp/tunepolo/archives/6794946.html

$o_memorium[0] = ":某のメモ:";

 foreach my $row ( @memorium_card ) {
   my @rows = split(/\n/,$row);
   foreach my $card ( @rows ) {
     if ( $card =~  /名詞|形容詞/ ) {
       my @meisi_list = split(/\t/,$card);
       
       # Memorium のキーワードファイルの出力形式
       # Memorium Keywords - Memoriumプラグイン
       # http://www.persistent.org/memorium/hiki.cgi?Memorium%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3
       # :単語:品詞: の形式で出力

       $o_memorium[$i] = ":".$meisi_list[0].":".$meisi_list[3]."\n";
       $i=$i+1;
       }
     }
   }
}

# 重複したキーワードを削除
my %count;
@o_memorium = grep(!$count{$_}++, @o_memorium);

# EUCのMemoriumのキーワードファイルに出力
print O_MEMO @o_memorium;
close(O_MEMO);

EOF

3.生成したキーワードファイルの例:

半角英数字をMeCab(+辞書 ipadic)?が抽出できないのが痛い。

:メモ::重複:名詞-サ変接続
:ループ:名詞-一般
:比較:名詞-サ変接続
:等しい:形容詞-自立
:等しく:形容詞-自立
:小さい:形容詞-自立
:大きい:形容詞-自立
:以下:名詞-非自立-副詞可能
:以上:名詞-非自立-副詞可能
:右:名詞-一般
:大:接頭詞-名詞接続
:左:名詞-一般
:大:名詞-接尾-一般

4.動作環境

  • Debian Linux 3.0 (Woody)
  • Perl 5.6.1 (deb)
  • ipadic 2.4.4-1 (deb)
  • mecab 0.80 ... perl/ruby/python/java バインディング tar.gz からmake install;make

というわけで、今はこのPerlスクリプトをcronに登録して回しています。

■参考:

MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer
http://chasen.org/%7Etaku/software/mecab/

MeCab は, 奈良先端科学技術大学院大学自然言語処理学講座の開発する形態素解析器 ChaSenを基に開発された高速な形態素解析器です.

tune apps:Memorium
http://blog.livedoor.jp/tunepolo/archives/6794946.html

このキーワードがMemoriumを上手に利用するための鍵だと思うので,自動(半自動)で登録するためのプログラムを作成しました.

内容はRubyスクリプトで,形態素解析のMeCabを用い,一般名詞と固有名詞だけ文章から取り出し,MemoriumのWikiで利用できるように整形して表示するものです.

Memorium:眺めるインタフェースの提案とその試作
http://www.persistent.org/memorium.html

FrontPage - PukiWiki.org
http://pukiwiki.org/

Perlメモ
http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm#ArrayUnique

配列から重複した要素を取り除く

@IT:Unicodeのテキストファイルをほかの文字コードに変換するには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/448cnvunicode.html





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.21

PukiWiki 1.4.4、GFORT/PocketPC向けに 1.Edit画面の行数 2.メニューなどを変更(1/21)

以前から不満だったPDA GFORT/PocketPCからのPukiWiki 1.4.4の使い勝手の悪さ

  • 「Edit(編集)」のtextarea(テキストエリア)欄が狭い。
  • 1つのページの表示が携帯電話向けに細かくページを分割されて表示されてしまう。
    このため、「2.Edit」画面での「ページの更新」ボタンが表示されずに隠れてしまっていた様子。

の2点をカスタマイズしました。

上の画面は変更前のデフォルトのPukiWiki 1.4.4のGFORTの表示。過去記事:「GFORT での PukiWiki の表示/編集について(9/27)」より

変更したファイルは以下の二つ。本来は「携帯電話」向けのファイルですが、PDAでしか参照しないので「携帯電話」の設定をつぶして変更しました。悪しからず。

  • keitai.ini.php
  • skin/keitai.ini.php skin/keitai.skin.ja.php 1/22訂正

変更点は

  • 1ページの最大サイズの制限を大きくして、分割されないようにして、1ページで表示させる。分割する制限を5Kバイトから50Kバイトへ。
  • テキストエリアのカラム数・行数をそれぞれ、幅:22バイト・縦:5行から、幅:40バイト・縦:7行に拡大。
  • ヘッダのメニューで使わない、「0.Top 1.New 3.Freeze」を表示しないように、コメントアウト

以下の部分を変更。

  • keitai.ini.php ...
    • 
      // max_size (SKINで使用)
      //$max_size = 5;        // SKINで使用, KByte
      $max_size = 50;         // 50 は意味なし。ページが分割されてしまうのを防ぐためだけに、大きければよい。
      
      // cols: テキストエリアのカラム数 rows: 行数
      //$cols = 22; $rows = 5;        // i_mode
      $cols = 40; $rows = 7; // PocketPC 320x240 $cols=40は意味なし。
      
      
  • skin/keitai.ini.php skin/keitai.skin.ja.php ... 0.Top 1.New 3.Freeze をコメントアウト
    • 
      // $navi[] = "<a href=\"$link_top\" $accesskey=\"0\">0.Top</a>";
      // $navi[] = "<a href=\"$script?plugin=newpage&amp;refer=$r_page\" $accesskey=\"1\">1.New</a>";
      
      
      
      //            $navi[] = "<a href=\"$link_freeze\" $accesskey=\"3\">3.Freeze</a>";

以下は変更後のGFORTでのPukiWikiの画面。右側の画像のメニューが変更前のままなのはご容赦を。

以上。

■関連:

雑木林とコンピュータ: GFORT での PukiWiki の表示/編集について(9/27)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/040927pukigfort.html#trackback



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

今日のMemorium(1/19)

今日のMemorium。

  • from 明解な 柔らかい ... うーん、このキーワードの組み合わせから出るとは… (^^;
    • 正しいデザインは世紀を超える - WEB講義 - 環境goo
      http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/dec01-2.html

      ... 機能的にも十二分。その後、西尾サンは、用途に合わせて使い分けられるように、硬い毛と柔らかい毛をふたつ ... どれも考え落ちで、ど

  • from 速い やばい ... こんな「ダブルダッチ」のページなんて、Memoriumがなかったら、絶対見ることはなかっただろうな…。

■リンク:

Memorium:眺めるインタフェースの提案とその試作
http://www.persistent.org/memorium.html

P.S.

今、PukiWiki(でつけている日記など)からMemoriumに渡すキーワードのWikiを生成する Perlスクリプトを書いてcronで回そうというアイデアを思いつきました。環境はDebian Linux 3.0(Woody)、で日本語形態素解析にはMeCab(か ChaSen)を使用する予定。PukiWikiから名詞と固有名詞、そして形容詞を抽出するというもの。でも、平日は時間が取れない…。週末になったら、かな。

半自動のRubyのスクリプトは以下のページに紹介されているのですが。

tune apps:Memorium
http://blog.livedoor.jp/tunepolo/archives/6794946.html

自動(半自動)で登録するためのプログラムを作成しました.

内容はRubyスクリプトで,形態素解析のMeCabを用い,一般名詞と固有名詞だけ文章から取り出し,MemoriumのWikiで利用できるように整形して表示するものです.

MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer
http://chasen.org/%7Etaku/software/mecab/

ChaSen's Wiki - FrontPage
http://chasen.naist.jp/hiki/ChaSen/

形態素解析システム茶筌

1/24追記:できました。
雑木林とコンピュータ: MeCabを使ってMemorium向けに、PukiWikiのページから名詞・形容詞を抽出し、キーワードファイルを生成するPerlスクリプト (1/24)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/mecabmemoriumpu.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.12

PukiWikiの使用中にページに現在時刻を表示したい。(1/12)

PukiWikiを使用していると時間を忘れてしまい、早く寝なくてはいけないのに翌日にひびくことがあるので、PukiWiki のヘッダの右上の方に「現在時刻」を表示したいと思った。

2chブラウザ/2chビューワ"p2"では「現在時刻」が表示されているので、それと同じイメージでPukiWikiでも表示できないかと。

Google で「PHP 現在時刻」で検索したところ以下のページを発見。

現在時刻を表示させよう!
http://golem14.zive.net/~php_magic/topic/intro/date.html

このページに書いてある通りに、PukiWikiを改造。plugin/pukiwiki.skin.ja.php のヘッダ付近に1行だけ

現在時刻:<?php print(date("Y年n月j日 H時i分s秒")); ?>

と追加。これでとりあえずは現在時刻が表示できるようになった。

本当はリアルタイムで動的にどんどん時刻が更新されていくのがいいのだけれど。PHPにまだ詳しくないので。for ループで wait させるとかそんな感じでPHPでできるのかしら???これは「宿題」1/18無理。

あと、今気づいたのですが、「2chブラウザ p2 」もPHPでできているので、PHPのソースを見て参考にすればよかったじゃん… orz 。トホホ。

■関連:

p2 - PHPでつくった2ch Viewer
http://akid.s17.xrea.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

PukiWikiの「添付ファイル」の「アップロード」の制限を1MBから8MBに変更 (1/10)

PukiWikiに「添付ファイル」で、少し大きな画像やソフトウェアのプログラムをアップロードしようとすると、PukiWikiの制限で

アップロード可能最大ファイルサイズは 1,024KB です。

とのことでアップできません。そこで「最大ファイルサイズ」を大きくしたいと Google で検索したら、以下のページが見つかりました。

FAQ/31 - PukiWiki.org
http://pukiwiki.org/index.php?FAQ%2F31

添付ファイルのアップロードサイズの制限を変更したい

plugin/attach.inc.php に定義されている以下の箇所を変更することで対応できます。

このページにしたがって、以下の変更を行ったところ、「最大ファイルサイズ」を 8MBにできました。

  • PHPphp.ini を変更 (Debian Linux 3.0 では/etc/php4/apache/php.ini)

    ; Maximum allowed size for uploaded files.
    ;upload_max_filesize = 2M
    upload_max_filesize = 8M

  • PukiWikiplugin/attach.inc.php を変更

    // Max file size for upload on PHP (PHP default: 2MB)
    //ini_set('upload_max_filesize', '2M');
    ini_set('upload_max_filesize', '8M');

    // Max file size for upload on script of PukiWikiX_FILESIZE
    //define('MAX_FILESIZE', (1024 * 1024)); // default: 1MB
    define('MAX_FILESIZE', (8 * 1024 * 1024)); // default: 1MB

PukiWikiの「添付」の画面での表示はこんな感じに変わりました。

アップロード可能最大ファイルサイズは 8,192KB です。


以上。

■1/13追加:ダウンロードしたプログラム・ソフトウェアの管理について

で、PukiWikiでこうやって大きなファイルも添付できるように変更したのですが、 これはヒットでした!「ソフトウェア・プログラム」の管理、そしてバージョン管理に便利です!

今までだと、ダウンロードしたファイルはテキスト検索で見つけられるように、解凍できるものはして解凍したファイルの中のテキストなりHTMLなりが検索( Namazuを使用)でヒットすることを期待して管理していたのです。でも当然解凍できないソフトウェア・プログラムもあり検索では見つからないので、この方法では 限界がありました。

しかし、PukiWikiを使えば、ダウンロードしたファイルはなんでもかんでも「添付」でPukiWikiにアップロードして貼り付けて、PukiWikiの 各ページのインラインに &ref(プログラム名); と書けば、一目瞭然です。そのページに、ダウンロードしたサイトへのリンクや、履歴/バージョンなども書いておけば、いつどんなバージョンをインストールして使用中かも一目瞭然で、 そのプログラムについての情報が「一元管理」できてしまうのです。当然PukiWikiでの「単語検索」/namazu.ini.pnpでの検索でも引っかかりますし。

「ソフトウェア・プログラムの管理」にこの方法を取るようになってから、絶対になくしたり見失いたくない「絶版ソフト」などはPukiWikiに貼り付けて管理できるようになりました。

うーん、PukiWikiを使い始めたときには「使い方」として、こんな 「バージョン管理」までできるとは思っても見ませんでした…。本当に便利です!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

PukiWiki に accesskey の設定。DOSモバイルギアからのtelnet+w3m向けに (1/8)

Blog(ブログ) Going My Way: accesskeyをいれてwikiを使いやすくしてみる
http://kengo.preston-net.com/archives/001728.shtml
を拝見したので、思うところがあって自宅LANのPukiWikiに accesskey の設定をしてみる。

実は DOSモバイルギア+LANMAN+telnet(LNET)+w3m+Apache+PukiWiki の環境で、DOSモバイルギアからのPukiWikiの操作性が悪かったので色々とPukiWikiのメニューなどをいじくっていたのだが、accesskeyという方法もあったことはすっかり忘れていたのだ。

以前にも、DOSモバイルギア+LANMAN+telnet(LNET)+w3m+Apache+Namazu の環境で、DOSモバイルギアの操作性が悪かったので、NamazuのHTML(NMZ.head.ja など)に accesskey を設定して、今も便利にNamazuで使っているのだが、すっかりなじんでしまい「無意識」になってしまっていたのだ。

PukiWiki 1.4.4 の以下のファイルに accesskey を設定。

  • ja.lng ... lib/html.phpで「ページの更新」のaccesskey="s"は初期値で設定されていたので、メニューの「ボタン」の表示を「ページの更新 (S)」と変更。
  • skin/pukiwiki.skin.ja.php ... accesskey="E"を設定し、「編集(E)」と表示するように変更
  • plugin/comment.inc.php ... コメント欄に accesskey="C"を設定し、コメント欄に(C)の表示を追加。

で、accesskeyを設定したのだが、Mozilla/Windowsからのアクセスばかりで、まだDOSモバイルギアからのアクセスは試していなかったりする(爆)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

PHPのコメントSPAMワーム発生。PukiWikiのバックアップ (1/4)

PHPの脆弱性を利用したコメントSPAMワームが発生しているようです。私もレンタルサーバで PukiWiki 1.3.7/PHP 4.0.6 を動かしているので、とりあえずデータを丸ごとFTPでバックアップ。このレンタルサーバ業者ではPHPのバージョンアップは期待できないので… orz

対策は各ページを「凍結」させるとかあるようなのですが、うちの Wiki には適用できないので…。

PukiWikiのサイトにはワームのアクセスログも掲載されていたので、私も時間があればアクセスログを確認してみます。

■参考:



| | コメント (0) | トラックバック (0)