2005.01.08

PukiWiki に accesskey の設定。DOSモバイルギアからのtelnet+w3m向けに (1/8)

Blog(ブログ) Going My Way: accesskeyをいれてwikiを使いやすくしてみる
http://kengo.preston-net.com/archives/001728.shtml
を拝見したので、思うところがあって自宅LANのPukiWikiに accesskey の設定をしてみる。

実は DOSモバイルギア+LANMAN+telnet(LNET)+w3m+Apache+PukiWiki の環境で、DOSモバイルギアからのPukiWikiの操作性が悪かったので色々とPukiWikiのメニューなどをいじくっていたのだが、accesskeyという方法もあったことはすっかり忘れていたのだ。

以前にも、DOSモバイルギア+LANMAN+telnet(LNET)+w3m+Apache+Namazu の環境で、DOSモバイルギアの操作性が悪かったので、NamazuのHTML(NMZ.head.ja など)に accesskey を設定して、今も便利にNamazuで使っているのだが、すっかりなじんでしまい「無意識」になってしまっていたのだ。

PukiWiki 1.4.4 の以下のファイルに accesskey を設定。

  • ja.lng ... lib/html.phpで「ページの更新」のaccesskey="s"は初期値で設定されていたので、メニューの「ボタン」の表示を「ページの更新 (S)」と変更。
  • skin/pukiwiki.skin.ja.php ... accesskey="E"を設定し、「編集(E)」と表示するように変更
  • plugin/comment.inc.php ... コメント欄に accesskey="C"を設定し、コメント欄に(C)の表示を追加。

で、accesskeyを設定したのだが、Mozilla/Windowsからのアクセスばかりで、まだDOSモバイルギアからのアクセスは試していなかったりする(爆)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

DOSモバイルギア、潮汐予測ソフト"TIDE"(10/18 23:40)

DOSモバイルギアのCGA環境で潮汐予測ソフト"TIDE"を動かしている様子です。(写真が下手でゴメンナサイ)

写真では「石垣島」の潮の様子を表示させています。

"TIDE"は登録した港などの場所(例、東京なら羽田、江ノ島、小笠原なら父島、沖縄なら那覇・西表島・波照間島・石垣島など)の以下の情報を表示してくれるソフトです。

  • 潮の干満・潮位のグラフ(左)
  • 月の満ち欠けの画像(右)
  • 太陽の日出・日没、常用簿明
  • 月齢、月出・月入

などを表示してくれます。旅行やアウトドアでの遊びの際には「すごーく」便利なソフトです。個人的には、南の島の海の珊瑚礁などの旅の思い出がいっぱい詰まったソフトです。

こんな便利なソフトを作ってくれた作者の方やDOSモバでCGA環境を使えるようにして下さった方々に感謝です。


■DOSモバイルギア CGA関連サイト内リンク:

DOSモバイルギア、潮汐予測ソフト"TIDE"(10/18)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041018mgdostide.html
DOSモバイルギア 星座プラネタリウム・星空表示ソフト"ASSA"(10/17)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041017mgcgassa_.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

DOSモバイルギア 星座プラネタリウム・星空表示ソフト"ASSA"(10/17)

DOSモバイルギア(MC-MK12)のCGA環境で 星座プラネタリウム・星空表示ソフト"ASSA" を動作させています。

MC-MK12は夏の小笠原や沖縄の海から冬の雪山まで連れて回りました。電池駆動できるのが便利で、例えば旅行の昼間はCASSIOPEIA E-55(電池&反射型液晶)でメモをして、夜、宿に帰ってからCF(コンパクトフラッシュ)でDOSモバにデータを移して、テキストエディタでメモをまとめたりなどという使い方をしていました。MC-MK12はかなり手荒に扱ったので傷だらけですが、まだ元気に動いています。

旅行の際のDOSモバの定番のソフトは他に潮汐予測ソフト"TIDE"がありました。CGA環境で月の満ち欠けも表示してくれるので、海の遊びでの満潮・干潮の時刻が予測でき、行動の予定を立てるのに便利でした。(詳細は 10/18 の"TIDE"の記事を参照

DOSモバのCGA環境はスナップショットが撮れないので、画面は機会があれば…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

DOSモバイルギアで LANMAN+LNETのバッチ (10/10)

DOS MobileGear(モバイルギア)で LANMAN(LAN Manager) + LNET(telnet) を行う際のバッチファイルです。ちょっと「設定ファイル」や「表示されるログ」を記述していないので不親切ですが、また時間のあるときに追加します…。

尚、私が DOSモバイルギアで使用しているNIC LANカードは以下の2つです。

  • I-O DATA PCLA/TE (10BASE-T)
  • BUFFALO(MELCO) LPC2-T

バッチファイル

  1. LANMAN起動バッチ
  2. LNET(telnet)起動バッチ

1.LANMAN 起動バッチ(以下の例は BUFFAL(MELCO) LPC2-T を使った場合)


mgs z p c-
cls
echo.
echo 【LANカードにさしかえてリターン】

pause >nul
adddev +D:\LANMAN\PROTMAN.DOS

pause >nul
adddev +D:\LANMAN\DIS_PKT9.DOS

pause >nul
rem 汎用NE2000 NDSドライバ用の記述を追加
rem   IRQ=3 IO=300 はprotocol.ini中のINTERRUP=3,IOBASE=0x300と合わせる.
cardc -q=3 -i=300-20 -c=3f8,60pause >nul

rem NE2000.DOSはLANMANパッケージに含まれている.
adddev +D:\LANMAN\NE2000.DOS

pause >nul
path=d:\LANMAN;%path%

NETBEUI

pause >nul
NETBIND

pause >nul
rem NET START WORKSTATION (自分のコンピュータ名)
NET START WORKSTATION MG-MK32


以上で、LANMAN が使えるようになります。

2.LNET(telnet)起動バッチ


@echo off

set wattcp.cfg=d:\data\dos

d:
cd \data\lnet

\data\lnet\lnet_p.exe %1

以上で、Linuxサーバなどに telnet でログインできるようになります。

以上です。
ここまでの道を切り拓いてくれた nifty の FNECMCフォーラムのモバイルギアの先達に本当に感謝します。


■参考リンク:

Moba DOS page / Yoshi
3.もば でLAN
http://homepage3.nifty.com/yoshi-s/mg/index.html
モバDOSでインターネットに挑戦!!
9,モバDOSでLAN接続(1)
http://www02.so-net.ne.jp/~suzuden/inet/lan.htm


■DOSモバイルギア関連サイト内リンク:

DOSモバイルギアで LANMAN+LNETのバッチ (10/10)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041010mglanman_.html
DOSモバイルギア(MC-MK32) 液晶修理 (10/4)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041004dosmglcd_.html
DOSモバイルギア で MGDISPH.EXE と MOGD.EXE ,MGDISP2.SYS のフォントの色の比較 (10/2)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041002dosmoba_d.html
DOSモバイルギアで PukiWiki (LANMAN+LNET+w3m) (10/1)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041001mgpukiwik.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

DOSモバイルギア(MC-MK32) 液晶修理 (10/4)

NEC DOSモバイルギア(MC-MK32) 液晶修理

実はこの MC-MK32 は今年の5月に液晶を割ってしまい、修理に出しました。

  • 修理期間:20日間
  • 修理代金:3万6750円

修理に出したら、液晶画面が以前と変わり、ザラザラとしたつや消しではなく、 光沢のあるテカテカの液晶パネルに変わって返って来ました。
液晶画面が反射して見にくくなってしまいました。


この写真で液晶パネルが「テカテカ」と光沢のあるのが伝わりますでしょうか…

  • 他の人も修理に出したら液晶パネルが「光沢のあるテカテカ」に変わって返ってきたのかしら???
  • NECに旧DOSモバイルギアの液晶パネルの在庫がなくなったとか???
  • 液晶保護シールを工場で剥がし忘れたとか???

■DOSモバイルギア関連サイト内リンク:

DOSモバイルギアで LANMAN+LNETのバッチ (10/10)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041010mglanman_.html
DOSモバイルギア(MC-MK32) 液晶修理 (10/4)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041004dosmglcd_.html
DOSモバイルギア で MGDISPH.EXE と MOGD.EXE ,MGDISP2.SYS のフォントの色の比較
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041002dosmoba_d.html
DOSモバイルギアで PukiWiki (LANMAN+LNET+w3m) (10/1)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041001mgpukiwik.html



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.02

DOSモバイルギア で MGDISPH.EXE と MOGD.EXE ,MGDISP2.SYS のフォントの色の比較 (10/2)

10/2 DOSモバイルギア(NEC MC-MK32) で 日本語表示ドライバ MGDISPH.EXEMOGD.EXE,MGDISP2.SYS とでフォントの色の比較

■MOGD から MGDISPH へ変更。

「MOGDは罫線が崩れる」との情報があり、試しにドライバを MOGD から MGDISPH に変えてみる。

結果的に、
1.罫線KL等のファイラー)が崩れない
2.LNET(telnet)+w3m(WWWブラウザ)リンクの文字の色が濃くなった(気がする)。

1.画面 MGDISPH 20行×80桁表示で「はてなアンテナ」。

2.画面 MGDISPH 「なつみかんアンテナ」

※以下、画面のコピーは SNAPSHOT.COM による。感謝。
また、w3m は"-M"オプションをつけて白黒モードで起動しています。

■MGDISP2.SYS から MOGD.EXE へ変更

 LANMAN+LNET+w3m で接続する際の日本語ディスプレイドライバをMGDISP2からMOGDに変えてみる。
 w3mで表示したときに、まだリンクの色は薄いが多少はMGDIPS2のときよりも色が濃くなった。
 尚、最初に MGDISP2 でリンクの色が薄かったのは、MGDISP2 は高機能?なため4階調表示をしていたためかもしれない。 MGDISP2 で2階調表示などに色調を落とすことができれば、使えるか?

1.「はてなアンテナ」を表示させたところ

2.「なつみかんアンテナ」を表示させたところ。

■最初に MGDISP2.SYS で表示

・Linuxサーバ側での表示する行数の指定
→ /bin/stty rows 18 cols 80 コマンドを打つ。

LANMAN+LNET+w3m でホームページを表示。w3mをモノクロ(白黒)表示に設定しているのだが、こんな感じでリンクの部分の文字が薄い色で表示されてしまい見にくい。

1.LANMAN+LNET+w3m で「はてなアンテナ」のページを表示。

2.LANMAN+LNET+w3m で「なつみかんアンテナ」のページを表示。


というわけで、現在は通常の環境では MGDISP2.SYS を使っているのですが、w3m + LNET(telnet) + LANMAN の使用時に限り MGDISPH.EXE を使っています。


DOSモバイルギア関連・サイト内リンク:
DOSモバイルギアで PukiWiki (LANMAN+LNET+w3m)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/041001mgpukiwik.html



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.01

DOSモバイルギアで PukiWiki (LANMAN+LNET+w3m) (10/1)

DOSモバイルギア(NEC MC-MK32)から telnet + w3m で PukiWiki を表示


モバイルギアで LANMAN + LNET(telnet) を実行して、DebianLinuxサーバにログイン。
日本語環境は MGDISPH.EXE 20行モード。
(もちろん MGDISP2.SYS でも表示できますが、telnet の場合のフォントの好みで MGDISPH.EXE を使っています。)


telnet で WWWブラウザ"w3m"を起動させて PukiWiki の FrontPage を表示させたところ (1/2)。


PukiWiki のフロントページ (2/2)


PukiWiki のヘルプを表示

以上のモバイルギア上の画面のキャプチャーは SNAPSHOT.COM を使わせて頂きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)