« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

ココログのサイドバーに「天気予報コム」のタグを表示

ココログのサイドバーに「天気予報コム」のタグを追加。
設定は「マイリスト」の「メモ」欄にHTMLタグを貼り付けただけで簡単にできました。

山オンナ+α: ココログ初心者改造【サイドバー折り畳み】 http://yama-girl.cocolog-nifty.com/yamagirl/2005/09/post_5b7f.html より

前回の【コメントツリー化】と同様、今回もマイリスト(リストのタイプ:リンク 高度な設定:テキスト表示 です)を利用。

との一文を参考にさせて頂きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Linux Zaurus のカレンダーが9時間早くずれる

5/1追記 原因判明

Linux Zaurus の母艦のMS Outlookから同期させている「カレンダー」の予定の時刻がいつのまにか9時間早くなっていました。

5/1追記
同期させた予定だけではなくザウルス側で入力した予定も9時間ずれる。

原因は不明。
考えられるのはLinux Zaurus の時刻の設定を製品出荷時の UTC から JST に変更してあること。

■5/1追記、解決
原因は timezone の設定の仕方。 いくつかのサイトで推奨されている /etc/localtime へシンボリックリンクを作成する方法だと9時間ずれる。 環境変数として TZ=Asia/Tokyo (または TZ=JST-9)を設定をしてやる方法だと「カレンダー」で9時間ずれない。設定場所ファイルは /etc/profile などに記載。

参考:
【VGA】Linuxザウルス SL-C700 スレッド part 12
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/1180/part112.html

100 :前スレ910 :03/01/15 02:06 ID:???
    カレンダーの件は、御迷惑かけて申し訳ないです。
    まさか、そこで狂うとは思いませんでした。
    それでは、以下をやめ( /etc/localtime を削除)
    # ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
    コンソールで以下を設定してはどうでしょうか?
    % TZ=JST-9
    % export TZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

SL-C3200で1GB SDメモリカード

Linux Zaurus で BUFFALO の1GB SDメモリカード (RSDC-S 1GB) を使ってみました。
vfat を ext3 にフォーマットしたいのですが、fdisk で既存のパーティションを見ると、パーティションが4つに分かれているように見えるのですが。普通に mke2fs コマンドで ext3 にしていいのかしら???

SDメモリカードの認識は以下のような感じ。

■ fdiskコマンド

 bash-2.05# fdisk /dev/mmcda1

Command (m for help): p

Disk /dev/mmcda1: 1020 MB, 1020662272 bytes
32 heads, 63 sectors/track, 988 cylinders
Units = cylinders of 2016 * 512 = 1032192 bytes

        Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/mmcda1p1   ?    385981    952206 570754815+  72  Unknown
Partition 1 has different physical/logical beginnings (non-Linux?):
      phys=(357, 116, 40) logical=(385980, 3, 40)
Partition 1 has different physical/logical endings:
      phys=(357, 32, 45) logical=(952205, 4, 7)
Partition 1 does not end on cylinder boundary.
/dev/mmcda1p2   ?     83676   1044007 968014120   65  Novell Netware 386
Partition 2 has different physical/logical beginnings (non-Linux?):
      phys=(288, 115, 43) logical=(83675, 11, 30)
Partition 2 has different physical/logical endings:
      phys=(367, 114, 50) logical=(1044006, 26, 28)
Partition 2 does not end on cylinder boundary.
/dev/mmcda1p3   ?    927521   1887853 968014096   79  Unknown
Partition 3 has different physical/logical beginnings (non-Linux?):
      phys=(366, 32, 33) logical=(927520, 18, 12)
Partition 3 has different physical/logical endings:
      phys=(357, 32, 43) logical=(1887852, 0, 25)
Partition 3 does not end on cylinder boundary.
/dev/mmcda1p4   ?         1   1804180 1818613248    d  Unknown
Partition 4 has different physical/logical beginnings (non-Linux?):
      phys=(372, 97, 50) logical=(0, 0, 1)
Partition 4 has different physical/logical endings:
      phys=(0, 10, 0) logical=(1804179, 25, 57)
Partition 4 does not end on cylinder boundary.

Partition table entries are not in disk order

Command (m for help):

■df コマンド

bash-2.05$ df -h
Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on
/dev/mmcda1             973.1M     32.0k    973.1M   0% /usr/mnt.rom/card

■mount コマンド

bash-2.05$ mount
/dev/mmcda1 on /usr/mnt.rom/card type vfat (rw,noatime)
bash-2.05$

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Linux Zaurus で HTML::Template

Linux Zaurus の Perl 5.8.5 で HTML::Template を使ってみることに。CPANからのインストールは一発で成功。

以下のページのスクリプトを動作させましたが、無事表示されました。

HTML::Template - CGI スクリプトから HTML テンプレートを使うための Perl モジュール
http://perldoc.jp/docs/modules/HTML-Template-2.6/HTML/Template.pod

HTML::Template が使えるので楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

Linux Zaurusで MeCab の ./configure はエラー

Kazuho@Cybozu Labs: キーワード抽出モジュールを作ってみた」 や 「[を] キーワード抽出モジュール Lingua-JA-Summarize」が面白そうだったので、Linux Zaurus で試しに。

すでにCPANにLingua-JA-Summarize がアップされていたので、Lingua-JA-Summarize のダウンロードは簡単にできたのですが、MeCabのインストールが別途必要とのこと。

で、MeCab: Yet Another Part-of-Speech and Morphological Analyzer からMeCab をダウンロードしてインストールしようとしたのですが、./configure はエラーに。

checking if g++ supports namespaces (required) ... yes
checking if g++ uses std namespace ... yes
checking if g++ environment provides all required features... no
configure: error: Your compiler is not powerful enough to compile MeCab. If it should be, see config.log for more information of why it failed.
bash-2.05#

エラーメッセージにあった config.log を見たのですが、原因はわからず。残念。

環境は dev_img-1.6 を使わせて頂いています。

Googleで検索したら、同様な現象は以下のページにも掲載されていました。

2006年2月 - Walrus, Visit.
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?2006%C7%AF2%B7%EE#p2006%2f02%2f26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perl 5.8.5 で crypt() 関数がエラー The crypt() function is unimplemented due to excessive paranoia.

Linux Zaurus を Perl 5.8.5 にしたのがうれしくて、本来の目的の肝心なスクリプトはおいておいて、簡単なPerlスクリプトを動かしてよろこんでいます。

ただ今のところ、WalWiki2を最初に動かしたときに管理者パスワードを設定する AdminChangePassword にアクセスすると

http://zaurus/WalWiki2/wiki.cgi
Software error:
The crypt() function is unimplemented due to excessive paranoia. at /home/www/htdocs/WalWiki2/wiki.cgi line 363.

と crypt() 関数がエラーになってしまいます。 crypt() 関数だけを書いたPerl スクリプトでも同じエラーになってしまいます。
私がどこかで手順を誤っている可能性が高いですが参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

Encode object version 2.01 does not match bootstrap parameter (4/25)

Linux Zaurus での Perl 5.8.5 の続き。今度は Encode.pm がエラーになってしまう件。

bash-2.05$ perl -wc test.cgi

Attempt to free unreferenced scalar: SV 0x2429cdc at test.cgi line 7.
Encode object version 2.01 does not match bootstrap parameter 2.15 at /usr/local/lib/perl5/5.8.5/armv5tel-linux/XSLoader.pm line 29.
Compilation failed in require at test.cgi line 7.
BEGIN failed--compilation aborted at test.cgi line 7.
bash-2.05$

本当の原因はわからないものの、とりあえず、Encode.pm のバージョンを 2.15 から 2.01 に下げて再インストールを行ったところエラーは出なくなりました。

とりあえず、これで Linux Zaurus 上の Perl で RSS, UTF-8 がいじれるようになったかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Can't load module XML::Parser::Expat, dynamic loading not available in this perl. (4/25)

Linux Zaurus の Perl 5.8.5 にXML::Parser(とexpat 2.0.0)をインストールしたのですが、PerlスクリプトからXML::RSSを呼び出すと以下のエラーが。

Can't load module XML::Parser::Expat, dynamic loading not available in this perl.
   (You may need to build a new perl executable which either supports
   dynamic loading or has the XML::Parser::Expat module statically linked into it.)

Google様で調べてみたのですが、"statically linked"なんてどうやればいいのかしら???

■追記:

解決方法がわからないので、とりあえず expat を使う XML::RSS はやめて、Pure Perl らしい? XML::RSS::Parser::Lite に乗り換えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

./perl: error while loading shared libraries: libexpat.so.1: cannot load shared object file: No such file or directory (4/25)

Linux Zaurus SL-C3200の Perl 5.8.5 でCPANからダウンロードした tar.gz で make test を行うと以下のエラーになることがあり。

./perl: error while loading shared libraries: libexpat.so.1: cannot load shared object file: No such file or directory

例えば、HTML::Parser など。 libexpat.so.1は/usr/local/lib や /home/QtPalmtop/lib にあるのですが。

原因として LD_LIBRARY_PATH などを設定してみたのですが、解決せず。

Google で "error while loading shared libraries" と検索してみたところ、一発で解決。

トラブルシューティング - lib*.so ファイルをロードできない を参考に、/etc/ld.so.conf/usr/local/lib を追加して /sbin/ldconfig を実行したところ、無事 make test が通りました。

トホホ、これを解決するのに一晩かかってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.24

Perl 5.8.5 に戻す。dev_img-1.6 Linux Zaurus (4/24)

昨日、5.6 に戻した Perl ですが、CPANからのダウンロードがうまくいかないので、dev_img を dev_img-1.3 から dev_img-1.6 へあげたりしてみています。

とりあえず Perl 5.6 から Perl 5.8.5 に戻して CPAN からダウンロードしています。ときどき以下のエラーが出るので、直接 CPAN のサイトから検索して、 tar.gz を落として、perl Makefile.PL, make, make install でインストールしています。

以下のエラーが出たので、SHA.pm をrename して CPANのサイトから検索して他のDigest::SHA1, Digest::SHA::PurePel を tar.gz で落として、インストールをしたところ、以下のエラーは出なくなりました。

cpan> install XML::RSS
Running install for module XML::RSS
Running make for A/AB/ABH/XML-RSS-1.10.tar.gz
Undefined subroutine &Digest::SHA::shaopen called at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.5/armv5tel-linux/Digest/SHA.pm line 57.

Encode.pm は cpan> install Encode でインストールできました。

今は XML::RSSのインストールのため、sfからダウンロードした expat のインストール中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

w3m が root でしか動かない。Can't load エラー。Linux Zaurus (4/23)

4/30追記: 解決しました。

w3m バージョン 0.4, 0.5 などを Linux ザウルス SL-C3200にインストールしていたのですが、

bash-2.05$ w3m http://www.google.com/
w3m: Can't load http://www.google.com/.

とすると一般ユーザ(zaurus)ではエラーになってしまいw3mが起動できません。「w3m -B」だととりあえず起動するのですが。

ユーザを root にすると w3m が起動できます。

# w3m http://www.google.com/

こんなものなのでしょうか???

参考:Linux Zaurus
http://www.bookshelf.jp/2ch/linux/1065805664.html より

    # /etc/rc.d/init.d/S45boa

    # w3m localhost でページを拝めたのですが、
    $ w3m localhost では
    w3m: Can't load localhost.
    と表示され一般ユーザでは閲覧できない状態です。

■追記 4/30

解決しました。原因は単純なミスで w3m のプロキシの記述がおかしく、http:// が抜けていたためです。

  • 誤:URL of HTTP proxy host: (proxyサーバのアドレス)
  • 正:URL of HTTP proxy host: http://(proxyサーバのアドレス)

以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.22

dev_img & CPAN インストール Linux Zaurus SL-C3200 (4/22)

Linux Zaurus に Perl 5.8.5 がインストールできたので、CPANの設定を行いました。
dev_img の設定を

1) Linuxザウルス/セルフ開発環境 - Walrus, Visit.
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%2f%a5%bb%a5%eb%a5%d5%b3%ab%c8%af%b4%c4%b6%ad

2) SL-C700 上のビルド環境
http://csx.jp/~zaurus/build.htm

3)http://www.netfort.gr.jp/~tosihisa/zaurus/gcc_self.txt

を参考に行いました。
1)だけだと compiler_setup.sh が /mnt/dev を参照しに行ってエラーになったので一部変更。
1) の手順と異なるのは 2) と 3) を参考に

  • /etc/fstab に mount cramfs loop の行を追加
  • comiler_setup.sh に -r で dev/img を渡します。

以上で、make コマンドが使えるようになり、gcc も動作確認できました。

CPANの設定は

Linuxザウルス/Perl/CPAN - Walrus, Visit.
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%2fPerl%2fCPAN#i2

を参考に。とりあえず

CPAN>install LWP

を実行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perl 5.8.5 をインストール。Linux Zaurus SL-C3200 (4/22)

Linux ザウルス SL-C3200にPerl 5.8.5 をインストール。

今までは「Linuxザウルス/Perl - Walrus, Visit.」からダウンロードした Perl 5.6 ( perl_5.6.1-8.3-5_arm.ipk )を使っていたのですが、偶然 Perl 5.8.5 を見つけたのでダウンロード。

SL-C3000/WalWiki導入記録 - SL-C3000上で動作するまで - Perl5.8.5インストール」経由で

成果物(ipkg) - MakiWiki
http://www.makichan.jp/home/index.php?cmd=read&page=%C0%AE%B2%CC%CA%AA%28ipkg%29

perl_5.8.5-1_arm.ipk
/usr/local/以下にインストールされます。
インストールサイズは30MB超になります。

「30MB超」と書かれていたのでdfコマンドでは/usr/local の容量がぎりぎりだったのですが、実際には 30MB を使わず 15MB 程度で済んだ様子。

とりあえず、別記の方法でCPANからモジュールのダウンロードもできました。

■4/23(日)追記:

やっぱり Perl 5.8.5 はやめました。アンインストール。CPANからのインストールがうまくいかなかったため。今は Perl 5.6 を試していますが Unicode (UTF-8)などの扱いがめんどうそう。

■追記:

現在のところ上記の Perl 5.8.5 を使っています。色々原因不明のエラーも出たり、CPANからインストールできないモジュールもあるのですが、とりあえず5.8系を使いたいので。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.18

ストラヴィンスキー『火の鳥』@東京文化会館(その2) (4/16)

都民交響楽団(都民響)様の演奏会を聴いてきたのですが、楽団の方やトラで過去にのったことのある方々のブログが面白かったので掲載させて頂きます。
客席で見ているのとは違う、実際に板の上にのっている方の心境が面白いです。
(おそれおおいのでトラックバックはいたしません。)

Yahoo!ブログ - あなたと元気に!
http://blogs.yahoo.co.jp/koddy
コントラバスとのことです。

人生てげてげに!
http://non1224.jugem.jp/
ファゴットとのこと。

音楽的日記
http://marunet.jp/music/diary/
ヴィオラとのこと。

特に「まる」様の「音楽的日記」は面白いです。演奏会から帰って来た夜にページを見つけて読み始め、過去数年間分をさかのぼって夜中まで一気に読んでしまいました。翌日があるので、途中で切り上げましたが、また時間があれば拝見させて頂きます。
もちろんRSSリーダーにも登録させて頂きました。

以上です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

ストラヴィンスキー『火の鳥』@東京文化会館 (4/16)

都民交響楽団(都民響)の演奏会で上野・東京文化会館へ。曲目は以下のとおり。

  • R.シュトラウス『薔薇の騎士』
  • ストラヴィンスキー『火の鳥』(1910年版)
  • アンコール:J.S.バッハ『G線上のアリア』

座席が「3階のL」と横側になって、舞台左後ろの「ハープ」が座席の影になってしまい、見えなくなってしまったのは残念でした。その代わり、舞台を上から覗き込む感じで、後ろの管楽器やパーカッションなどはよく見えました。

シュトラウス『薔薇の騎士』は初めて聴きました(にわかクラシック・ファンなので)。R.シュトラウスはあまり好みではないので…。

ストラヴィンスキー『火の鳥』の演奏はよかったです。そんなに好きな曲ではないのですが、管楽器がよく見えたため、オーボエ、フルート、ピッコロ、ホルン、トランペット、クラリネット、ファゴット、トロンボーン、チューバがそれぞれいれかわりたちかわり「ブンブン」とソロを取るところがよく分かり面白かったです。とりあえず45分間、管楽器のかたがたは「お疲れちゃん!」でした。

アンコールはバッハ『G線上のアリア』。好きな曲なのですが、『火の鳥』の余韻が残っているうちに聴いたので、まったく頭に入ってこず。でも、いい演奏でした。

全般としては行ってよかったです。『火の鳥』などCDを聴いているだけではわからない、生の演奏の面白さがよかったです。

というわけで演奏の興奮が残ってしまい、思わずパンフレットにはさまっていた演奏会『フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調』を「勢いで」その場の「ぴあ」で申し込んでしまいました。

以上です。
「都民交響楽団」の秋の定期が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

Perl 5.8 ipk のインストール失敗。Linux Zaurus SL-C3200 (4/8)

通常配布されている Linux Zaurus 用の Perl が v5.6.1 なのですが、XML::RSS や UTF-8 のプラグラムを書きたくなったので、Perl 5.8 をインストールしたくなり、海外のサイトから Perl 5.8 ipk をダウンロード。
それで、インストールしようとしたのですが、失敗。エラーメッセージはメモし忘れました。「Read Only ...」とかそんなメッセージだったような???

結局、 Perl 5.6.1 に戻しました。

■4/22追記:
Perl 5.8.5 をインストールしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

桜とともに。楽しい音楽の時間@紀尾井ホール (4/9)

「千代田フィルハーモニー」様の演奏会で四谷・紀尾井ホールへ。
上智大学脇の土手の桜がきれいで、これを見れただけでも四谷まで出て来た甲斐がありました。

曲目:
・ドヴォルザーク 交響曲第8番 op.88
・ブラームス 交響曲第1番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »