« Ruputer 故障(8/28) | トップページ | 家の中にスズメバチの死骸が (8/30) »

2005.08.29

面白い!『雨にもまけず粗茶一服』松村栄子、読了 (8/29)

  『雨にもまけず粗茶一服』、面白かったです。夏目漱石の『坊っちゃん』と『Shall we ダンス?』をあわせた感じ?(どんな感じだ…)

『坊っちゃん』を連想させたのは、主人公が東京をはなれ、地方でのカルチャーギャップで苦労する、という設定と「奈彌子」という名前や、袴が多く登場することから。(後で知ったのですが、新聞の連載小説だった、という点も)

いやはや、面白かったです。一気に読んでしまい、最後は読み終わるのがもったいなかったです。こんな面白い小説を今頃読むなんてなにをしていたんでしょう。

本書をあらためて読もうと思ったのは「本の雑誌」のサイトでの

作家の読書道:第36回 恩田陸
http://www.webdokusho.com/rensai/sakka/michi36.html

恩田: 松村栄子さんの『雨にもまけず粗茶一服』は"茶道成長小説"で、楽しかった。『ダ・ヴィンチ・コード』も読みましたよ。超ハリウッド的だけれど面白かったですね。

という発言から。『ダ・ヴィンチ・コード』なんかよりも何百倍も面白かったですけどね、『雨にもまけず粗茶一服』のほうが。

■参考:
Amazon.co.jp: 本: 雨にもまけず粗茶一服
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838714491

今月の本の雑誌 2004/10号
http://www.webdokusho.com/honshi/zassi-kongetu0410.html

異色の青春小説『雨にもまけず粗茶一服』がいいぞ  北上次郎

|

« Ruputer 故障(8/28) | トップページ | 家の中にスズメバチの死骸が (8/30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/5692873

この記事へのトラックバック一覧です: 面白い!『雨にもまけず粗茶一服』松村栄子、読了 (8/29):

« Ruputer 故障(8/28) | トップページ | 家の中にスズメバチの死骸が (8/30) »