« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.24

2chのページを p2 で開き直す JavaScript (7/24)

Firefoxの「JavaScript Actions」拡張向けに、2ch(2ちゃんねる)のページ(http://***.2ch.net/test/read.cgi/***/***/l50)などを2chブラウザ/2chビューワ"p2"で開き直すための JavaScript。JavaScriptの練習。

2chのページのURLを'/'を区切り文字に p2 のパラメータ host, bbs, key に置換。

ファイル名:p2(2ch) で開く.js

// 自分の p2 のURLを記述
var p2URL = http://www.***/p2/;

var nowURL = location.href;
var array = nowURL.split("/");
var URL = p2URL + 'read.php?host=' + array[2] + '&bbs=' + array[5] + '&key=' + array[6];
open(URL);

以上。

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxの右クリックで「2ちゃんねる(site:2ch.net)」の検索をするJavaScript (7/24)

Firefoxの「JavaScript Actions」拡張向けにJavaScriptの練習。選択範囲・選択語句を「2ちゃんねる」で検索するスクリプト。

ファイル名:選択範囲を 2ch で検索.js

// 選択語句を 2ちゃんねる(site:2ch.net) で検索

var select_txt = window.getSelection();
var search_txt = encodeURIComponent(select_txt) + '+' + encodeURIComponent('site:2ch.net');
var uri = 'http://www.google.co.jp/search?ie=UTF-8&q=' + search_txt;
open(uri);

以上。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxで URL、タイトル、選択範囲をコピーするJavaScript (7/24)

CME(ContextMenu Extensions)がFirefox 1.0.6 で不調なので、JavaScript Actionsを入れました。CMEで便利に使っていた「カスタムスクリプト」の「URL、タイトル、選択範囲・選択文字列をコピー」する機能と同等のものが欲しかったので JavaScript Actions用に書いてみました。

// URLとタイトル、選択範囲をコピー

// CMEのカスタムスクリプト。JavaScriptを拡張したものらしい。
//_setClipBoard(_window.document.title+"\n"+_contextualURI+"\n"+_selection+"\n");

_jsaCScript.setClipBoardString(document.title+"\n"+location.href+"\n"+document.getSelection()+"\n");

探せばどなたかが書いていたのだろうけど、自分で書いた方が早かったし、(自分で書いた方が楽しいし)。
これを機会に自分で JavaScript も勉強!?してみようと思いました。

■参考:

以下のページ・書き込みを見て自分でJavaScript を書いてみることを思いつきました。感謝!

Javascript >> Flash でクリップボードにコピー
http://a-h.parfe.jp/einfach/archives/2005/0706043145.html

2ちゃんねる - ソフトウェア / Mozilla Firefox 拡張機能スレッド Part4

Copy URL+の代わりは
(p)ttp://pasokon-yugi.cool.ne.jp/script/#FIREFOX
の「アンカー作成.js」を加工してみたけど、
URL・タイトル・選択文字列が一列にくっついてしまって見づらいし。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.20

Firefox 1.6とContextMenu Extensions拡張の相性悪し。(7/20)

Firefox 1.6 日本語版(Windows XP SP2) へバージョンアップしたらContextMenu Extensions拡張の動作がおかしくなった。CMEを最新版のVer.4.0.2005071301にバージョンアップしたが、Firefoxのウインドウが真っ白になってしまい何も表示されず、操作もできなくなったしまう。待っていれば、せめてCMEの削除位はできるようになるのか?

■7/21追記:

「日記(仮) - 拡張機能更新で不具合でちゃったよ(http://d.hatena.ne.jp/uraraka18/20050719/p1)」さんに同様の不具合が掲載されていた。Ver3 に戻せば動いたとのことなので、MozBackupのバックアップから以前のCMEへ復元したが、やはり動作がおかしい。設定ではチェックがはずれている右クリックした際の「コンテキストメニュー」の項目「コメントを表示」~「全ての不可視情報を表示」などすべてのメニューがだらだらと表示されてしまう。

「ContextMenu Extensions(http://piro.sakura.ne.jp/xul/ctxextensions/)」のサイトにあった、以下のすべての以前のバージョンを適用してみるがダメ。

ver.3.1.20050129(with readme.txt):Mozilla Suite/Netscape 7で利用可能な最終バージョン
ver.3.0.20031003(with readme.txt)
ver.2.8(with readme.txt)

うーん、困ったす。CMEは便利な拡張だっただけに残念。一部の機能はCopy URL +(copyurlplus)でも代替できるのだが使い勝手が悪いのです。

■2005/07/24追記:

■2005/07/26追記:

Firefoxで URL、タイトル、選択範囲をコピーするJavaScript (7/24)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/firefox_urljava_bc25.html
のスクリプトを書いたので、自分で便利に使っていたCMEの機能はほぼ 「JavaScript Actions拡張」で置き換えることができました。

  • 「カスタムスクリプト」による、タイトル、URL、選択範囲・選択文字列のコピー
  • Internet Archive で検索
  • Googleキャッシュで検索

以上。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.11

筒井康隆『笑犬樓の逆襲』 読了 (7/9)

ひさしぶりに(エッセイでしたが)筒井康隆の本を読みました。エッセイの面白さとは別に、各エッセイの回でテーマをいかに読者に伝えるかというしっかりとした明確な方法や意図が感じられるのは、さすがにひとりよがりな純文学などではなく、読者と向き合ったエンターティメントを書いてきた作家ですね。そこらの「エッセイスト」とは格が違う「プロの仕事」でした。(内容の面白さとは別ですが)

次は筒井康隆の『愛のひだりがわ』を読んでみたいと思っています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

Debian SargeでHTTPS(SSL)を設定 (7/10)

自宅LANの無線LANが IEEE802.11b のままで、セキュリティが不安なので、多少は盗聴の防止になるかなとHTTPを暗号化しようと、 Debian GNU/Linux 3.1 SargeのApache2でHTTPS(SSL)を設定をしました

Googleで検索してもなかなか見つからなかったのですが、数少ない検索結果の中からやっと以下のページを参考にして設定できました。キーワードは「apache2-ssl-certificateコマンド」と「a2ensiteコマンド」。

Debian Linux By 玄箱 No.7
http://www.hanapon.com/hp/kurobox/kurobox7.htm

ApacheでSSLを使えるように 2004/12/19(日)

klog: Debian の Apache2 で SSL セットアップ
http://5net.com/blog/archives/001619.html

手順は以下の通り。

  1. SSL証明書の作成を apache2-ssl-certificateコマンド で行う。
    /etc/apache2/ssl/ディレクトリ配下に apache.pem と ********.0 の二つのファイルが作成される。
  2. Apache2でHTTPS(SSL)サイトの設定ファイルを生成。
    /usr/share/doc/apache2/examples/ssl.conf.gz を /etc/apache2/sites-available/ 配下に解凍。ファイル名はssl.conf でも ssl でも。DocumentRoot やSSL証明書のパスなどを設定。VirtualHost の記述の仕方ではまりました。
  3. HTTPS(SSL)サイトを有効化。a2ensite (設定ファイル名)
    a2ensite ssl とか a2ensite ssl.conf とか。
  4. SSLモジュールを有効化。
    a2enmod ssl

以上。

■7/11追加

と苦労をしてHTTPS(SSL)の設定をしたのですが、翌日部屋に積んであったDebian辞典を見たら、しっかり上記の手順が272ページに掲載されていました。トホホ。

■追記

Debian Administration :: Maintaining apache2 sites and modules lists
http://www.debian-administration.org/articles/207

virtualhost - pNw
http://script.dot-wired.org/docs/index.php?page=apache2%2Fvirtualhost





| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.07.03

親のPCへ「@niftyツールバー」をインストール (7/3)

親がパソコンでホームページを見ていて知らない言葉などにであったときに、簡単に調べられるようにソフトを探した。すでに購入時にプリインストールで「Googleツールバー」はインストールされていて便利に使っているのだが、「辞書検索」の機能がないので。

ブラウザにMSIEを使っているのでそれ系のソフト。「MSIE 右クリック 辞書 検索」をキーワードにGoogleで検索したら、いくつかツールバー系が見つかったのだがなんとなく親でも使えそうで、プロバイダも@niftyだし「@niftyツールバーhttp://www.nifty.com/toolbar/)」をインストールしてみることに決定。

「@niftyツールバー」の機能としては「@niftyツールバー 右クリックメニューについて(http://www.nifty.com/toolbar/right-click.htm)」より

・@searchで検索
・ココログ クイック投稿
・英和辞典で調べる
・和英辞典で調べる
・国語辞典で調べる
・デジタル用語辞典で調べる
・ページを日本語に翻訳
・ページを英語に翻訳
・選択範囲を日本語に翻訳(※)
・選択範囲を英語に翻訳(※)
・選択された単語をハイライト

などの機能があるらしい。とりあえず「辞典」があるので条件は満たしている。

というわけで、今日実家に帰った際に「@niftyツールバー」をインストールして来て、親も便利そうに使っていましたがどうなることやら。一週間後には飽きているかも(w

■メモ:
いろいろなツールバー 検索系・ニュース系等
http://www.geocities.jp/m300jp/toolbar/ ... いろいろな「ツールバー」が掲載されているので時間のあるときに拝見させて頂きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

『 日本再見録~ヘンリー君の現代日本ウォッチング! 』 ヘンリー・F・マクブライト、読了 (7/1)

W.C.フラナガンの類いかと思ったら、そうではない様子。日本人代表としてのヤマシタさんがきいてますね。

以前から読もうと思ってリストにはあげていたのですが、はて、どこでこの本のことを知ったのかしら?本の雑誌 2002年11月号に掲載はされているのですが???

『日本再見録~ヘンリー君の現代日本ウォッチング!』著:ヘンリー・F・マクブライト、訳:林望


 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

RATOC REX-CBU2X が Debian Sargeで使えた。(7/2)

RATOC REX-CBU2X (CardBus USB2.0変換PCカード・アダプタ)が普通の Debian GNU/Linux 3.1 Sarge のKernel 2.6.8で認識され、USB NIC(Corega USB-TX)で通信することができた。lspciコマンドや lsusbコマンドで認識されていることを確認できた。特別なことは何もする必要はなくただ刺しただけ。

Kernel 2.4の環境に戻してしまったのでログはないのですが…。将来的には USB HDDを接続するつもり。

Amazonによると RATOC REX-CBU2XにUSB HDDを接続するとDellのPCではフリーズするとのことなので、PC側の機種との相性には注意が必要かも。

Amazon.co.jp: エレクトロニクス: REX-CBU2X USB2.0 CardBus PC Card
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000090MMU

尚、RATOCのページには Fedora Core 2の動作確認情報のみがあった。
Fedora Core 確認状況[RATOC]
http://www.ratocsystems.com/products/ostaiou/linux/fedoracore20/cbu2x.html





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »