« BIND9でのDDNS, /var/cache/bind 配下, Debian Sarge (4/29) | トップページ | OpenLDAP+Samba認証, Debian Sargeで (5/1) »

2005.04.30

Debian Sarge再インストール(4/30)

Debian GNU/Linux 3.1 Sargeが突然ブートできなくなる。以下のメッセージで止まってしまい、先に進まない。 grubからのsingle(シングルユーザモード)でも途中でとまってしまう。で、Sargeを再インストール

kernel: kjournald starting. Commit interval 5 seconds
kernel: EXT3 FS 2.4-0.9.19, 19 August 2002 on ide0(3,3), internal journal
kernel: EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
kernel: kjournald starting. Commit interval 5 seconds
kernel: EXT3 FS 2.4-0.9.19, 19 August 2002 on ide0(3,6), internal journal
kernel: EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
/dev/hda3 on /var type ext3 (rw,errors=remount-ro)
/dev/hda6 on /usr type ext3 (rw,errors=remount-ro)

再インストールの際のパーティションの認識で /dev/hda6 on /usr が認識されず、壊れていた様子。

設定ファイル(etc, confなど)はfind で検索して tarでバックアップを行うようなスクリプトを cronに登録して定期的なバックアップを行ってあったので、再インストール自体は簡単で、X-Windowや日本語表示/入力も問題なかったが時間が無駄になったことには変わりはない…。まぁ、バックアップの威力が発揮されてよかったです。



|

« BIND9でのDDNS, /var/cache/bind 配下, Debian Sarge (4/29) | トップページ | OpenLDAP+Samba認証, Debian Sargeで (5/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/3938932

この記事へのトラックバック一覧です: Debian Sarge再インストール(4/30):

« BIND9でのDDNS, /var/cache/bind 配下, Debian Sarge (4/29) | トップページ | OpenLDAP+Samba認証, Debian Sargeで (5/1) »