« 平安寿子『なんにもうまくいかないわ』読了 (4/18) | トップページ | 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』読了 (4/20) »

2005.04.19

今野勉『テレビの嘘を見破る』 読了 (4/19)

『テレビの嘘を見破る』 、よかったです。

  • 筆者の試行錯誤し迷う様子が読者の立場と近く、その迷う過程と無理に結論を出していないのが好感が持てます。
  • 個人的には「再現」は悪いことではないと思います。ただ、「再現」映像は「再現」と明示すべきだと思います。「再現」と明示したことで映像の価値が下がる程度の「再現」映像は、「再現」をする価値のなかった映像だと思います。また筆者はテレビの視聴者のリテラシーに期待して「再現」と明示しなくてもいいとしていますが、そこまでリテラシーに期待はできないと思います。
  • 筆者も書いていますが、「再現」を行うということはそこに作り手側の価値観が入り込み、切り捨てられてしまう「情報」もあります。またどのように「再現」を行うかで、作り手側が「神の立場」に立ってしまいますが、その判断に誤りが入り込むことはないのか疑問です。例えば本書の「流砂」の例は、そこまでして「再現」を行う必要があったのか。

Amazon.co.jp: 本: テレビの嘘を見破る
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106100886

|

« 平安寿子『なんにもうまくいかないわ』読了 (4/18) | トップページ | 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』読了 (4/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/3825854

この記事へのトラックバック一覧です: 今野勉『テレビの嘘を見破る』 読了 (4/19):

« 平安寿子『なんにもうまくいかないわ』読了 (4/18) | トップページ | 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』読了 (4/20) »