« 今野勉『テレビの嘘を見破る』 読了 (4/19) | トップページ | DAC960 に Linuxインストール (4/21) »

2005.04.20

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』読了 (4/20)

やられた。これは読めなかった。って、何も書けないよ。何か書いたらネタバレになっちゃうよ。

(以下、一部ネタバレって、GoogleとかRSSフィードとかのサマリーでは表示されちゃんのか…)

ただ、個人的な好みでは、キレ味はイニシエーション・ラブの方がラストの1行だけですべてをひっくり返して見せただけに上か。スケールでは『葉桜...』 の方だけど。

ミステリー特有の文章の描写、展開に難があり、説得力が薄いか。 主人公二人だけで事務所に乗り込む場面は普通は軽率な行動でしょう。

…と書いてみましたが、いやはやビックリさせられたのことは事実です。すごかったです。

Amazon.co.jp: 本: 葉桜の季節に君を想うということ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163217207

|

« 今野勉『テレビの嘘を見破る』 読了 (4/19) | トップページ | DAC960 に Linuxインストール (4/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/3827388

この記事へのトラックバック一覧です: 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』読了 (4/20):

« 今野勉『テレビの嘘を見破る』 読了 (4/19) | トップページ | DAC960 に Linuxインストール (4/21) »