« 「インターネットプロバイダー・バー」をThinkPadで表示させないように (3/5) | トップページ | 『死の病原体プリオン』リチャード・ローズ読了(3/7) »

2005.03.06

「DNSに自動登録」の設定をBIND9(Debian Linux 3.0 Woody)に。(3/6)

「DNSに自動登録」されるいわゆる「Dynamic DNS (DDNS)」の設定をDebian のBIND9に行う。/etc/bind/named.conf の対象のゾーンの記述に allow-update を加えてやればよいだけ。

zone "hogehoge.local" {
        type master;
        file "/etc/bind/hogehoge.local.zone";
        allow-update {
                127.0.0.1;
                192.168.0/24;
        };
};

動作確認は nsupdate コマンドでホストを登録をしてみて、nslookupコマンドで登録されていることを確認する。

参考:

BINDでDynamic DNS環境構築
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind04/bind04.html


|

« 「インターネットプロバイダー・バー」をThinkPadで表示させないように (3/5) | トップページ | 『死の病原体プリオン』リチャード・ローズ読了(3/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/3245994

この記事へのトラックバック一覧です: 「DNSに自動登録」の設定をBIND9(Debian Linux 3.0 Woody)に。(3/6):

« 「インターネットプロバイダー・バー」をThinkPadで表示させないように (3/5) | トップページ | 『死の病原体プリオン』リチャード・ローズ読了(3/7) »