« 「短歌パラダイス」は、イチローが自分のプレーを解説したような感じ!?(1/2) | トップページ | PHPのコメントSPAMワーム発生。PukiWikiのバックアップ (1/4) »

2005.01.03

ヒットでした!「スタイルシートスタンダード・デザインガイド SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術」読了(1/3)

「スタイルシートスタンダード・デザインガイド SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術」、この本はヒットでした。私は、多分スタイルシートやユーザビリティ/アクセシリビリティの本は何十冊も読んでいると思いますが、 具体的なHTMLのコーディング例ばかり掲載されている本書は 現時点では「ベスト」だと思います。

とは言いつつ、「具体的なHTMLのコーディング例」だけではだめで「ユーザビリティ/アクセシリビリティ」の 理屈?も知らないとダメだと思うので、それは他の書籍をあたって下さい。

■参考:

Amazon.co.jp: 本: スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4839915016より

目次

CHAPTER1 「標準」に準拠したWebデザインとは
1 「標準」に準拠したWebデザイン
2 SEO(検索エンジン最適化)

検索エンジンの処理

SEOの現状と問題

SEOの効果を上げる
3 アクセシビリティ

ページのターゲットとアクセシビリティ

アクセシビリティのガイドライン

どこまでアクセシビリティを確保するか

アクセシビリティを確保するには
4 ユーザビリティ

ユーザビリティを高くするには


CHAPTER2 CSSによるページデザインの基本
1 標準規格に従ってページを作る

コンテンツの構造に従ってマークアップする

使用したHTMLの種類を明記する

ページのタイトルを指定する
2 ページの情報を記述する

ページで使用する言語やエンコードの種類を指定する

コンテンツの概要やキーワードを指定する

関連ページの情報や制作者の情報を指定する
3 スタイルシートでデザインをコントロールする

スタイルシートでデザインを設定する

外部スタイルシートを利用する

スタイルシートが機能しなくてもページの内容がわかるようにする

古いブラウザにスタイルシートが適用されないようにする


CHAPTER3 テキスト
1 見出しの設定

見出しをマークアップする

文字の大きさを相対サイズで指定する

見出しの装飾や余白を設定する
2 テキストの設定

文章をマークアップする

文章のデザインを指定する

著作者の情報を記述する

文字を強調する
3 見出しと文章をいっしょにコントロールする

見出しと文章をグループ化する

グループの横幅や配置を調節する

コンテンツ全体のデザインを指定する
4 リストの設定

リスト型のコンテンツをマークアップする

リストのデザインを指定する

リストに見出しをつける


CHAPTER4 イメージとオブジェクト
1 画像を使ったレイアウト

画像を表示する

画像の内容をテキストで説明する

装飾用の画像を表示する

画像サイズを記述する
2 図や表を画像として表示する場合

文章中に画像を表示する

キャプションをつける

白黒になってもわかるようにする
3 背景画像を使ったレイアウト

背景画像を表示する

文字が読めるようにする

見出しのマークを背景画像としてレイアウトする

装飾目的以外の画像を背景としてレイアウトする
4 Flashを使ったレイアウト

Flash内で使用した画像の内容を説明する

Flashのタブ操作の順番を指定する

Flashデータの代替情報を用意する


CHAPTER5 リンク
1 リンクの設定

リンク先の内容がわかるようにする

リンクの色を指定する

リンクの間を区切る

下線のデザインをコントロールする
2 ボタンやバーの形にデザインする

ボタンの形にデザインする

ロールオーバーを設定する

ナビゲーションバーとしてデザインする
3 画像を使ったロールオーバーボタンの作成

画像を使ったボタンを作成する

ロールオーバーを設定する
4 プルダウンメニューの作成

すべてのリンクをHTMLソースに記述する

スクリプトを使ってプルダウンメニューの動作を設定する

外部スクリプトを利用する


CHAPTER6 ナビゲーション
1 サイト内のナビゲーション

同じ階層のページにアクセスするためのリンクを作る

上位階層に戻るリンクを作る

ホームページに戻るためのリンクを作る

ナビゲーションのデザインを統一する
2 ページ内のナビゲーション

ページ内のコンテンツへのリンクを作る

ページの上に戻るためのリンクを作る

メニューをスキップできるようにする


CHAPTER7 ページレイアウト
1 テーブルを使ったレイアウト

テーブル未対応に環境にもページの内容が伝わるように記述する

バーを作成する

パーツ間の余白や罫線をコントロールする
2 スタイルシートを使ったレイアウト

パーツの表示位置を指定する

罫線でパーツを区切る

ソースの記述順序をコントロールする

パーツを追加する


CHAPTER8 データテーブルとフォーム
1 データテーブルの作成

表形式のコンテンツはテーブルでレイアウトする

データテーブルには見出しをつける

キャプションをつける

テーブルの構造や見出しとデータの関係を示す
2 データテーブルのデザイン

テーブルの背景色や罫線をコントロールする

テーブルの大きさや余白をコントロールする

印刷したときの表も読みやすくする
3 フォームの作成

フォームの項目にはラベルをつける

フォームのデザインを設定する

項目が多くなる場合はグループ分けする

キーボードで操作できるようにする


CHAPTER9 ウィンドウとフレーム
1 別ウィンドウを開く

別ウィンドウが開くことを知らせる

別ウィンドウの大きさを指定する

スクリプトの代わりとなるものを用意する
2 フレームを使ったレイアウト

フレームを作成する

フレームごとにタイトルや名前をつける

フレームの代わりとなる情報を用意する

フレームのデザインを指定する



|

« 「短歌パラダイス」は、イチローが自分のプレーを解説したような感じ!?(1/2) | トップページ | PHPのコメントSPAMワーム発生。PukiWikiのバックアップ (1/4) »

コメント

fjarkhbxo jdir oqwuibg xjld gmlpacik lfwyuqgt hqko

投稿: vozaubrp bduj | 2007.06.15 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/2472028

この記事へのトラックバック一覧です: ヒットでした!「スタイルシートスタンダード・デザインガイド SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術」読了(1/3):

« 「短歌パラダイス」は、イチローが自分のプレーを解説したような感じ!?(1/2) | トップページ | PHPのコメントSPAMワーム発生。PukiWikiのバックアップ (1/4) »