« 今日のMemorium(1/19) | トップページ | PukiWiki 1.4.4、GFORT/PocketPC向けに 1.Edit画面の行数 2.メニューなどを変更(1/21) »

2005.01.20

ノーマン「誰のためのデザイン?」読了 (1/20)

面白かったです!D.A.ノーマン「誰のためのデザイン?」。

  • 書かれたのは1990年と古いのですが、いやはや、今にも通用する「普遍」な指摘がいっぱいです。Windows95発売前なのに、今もって変わらないパソコンの使い勝手の悪さを予言しています。
  • 「グループ分け」「対応付け」「フィードバック」など、Webデザインなどにも通じる事柄がいっぱいです。
  • QWERTYキーボード、DOVRAK(ドボラク)キーボードなどについても記載あり。
  • p184 「ゴミ箱を七つ用意してそれぞれに曜日のラベルを貼っておくことにした。たとえば「水曜」というラベルのあるごみ箱は水曜日だけに使い、その日が終われば、どこか安全な場所にしまう。そして次の水曜日がきてまたそのごみ箱が使われる直前になるまでは中味を捨てないのである。」というくだりは 「超整理法」の時間軸での封筒の管理を連想させ興味深かったです。

まだまだノーマン氏の著作があるので、これから読むのが楽しみです。

■メモ:(後日、掲載)

■目次:

第1章 毎日使う道具の精神病理学
第2章 日常場面における行為の心理学
第3章 頭のなかの知識と外界にある知識
第4章 何をするかを知る
第5章 誤るのは人の常
第6章 デザインという困難な課題
第7章 ユーザ中心のデザイン

■リンク:

Amazon.co.jp: 本: 誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/478850362X

はてなダイアリー - 誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論
http://d.hatena.ne.jp/asin/478850362X

|

« 今日のMemorium(1/19) | トップページ | PukiWiki 1.4.4、GFORT/PocketPC向けに 1.Edit画面の行数 2.メニューなどを変更(1/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/2654138

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマン「誰のためのデザイン?」読了 (1/20):

« 今日のMemorium(1/19) | トップページ | PukiWiki 1.4.4、GFORT/PocketPC向けに 1.Edit画面の行数 2.メニューなどを変更(1/21) »