« EPSONプリンタ PM-800C、修理から戻る。(11/13) | トップページ | 津田大介「ググる―検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること」読了 (11/15) »

2004.11.14

宮部みゆき「誰か」、片岡義男「文房具を買いに」読了(11/14)

宮部みゆき「誰か」、片岡義男「文房具を買いに」読了

宮部みゆき「誰か」は面白かったです。

  • 「火車」、「理由」ほど派手な事件や犯罪がおきる訳ではありませんが、会話の間などに「くすぐり」がたっぷりと入り面白いです。従来の宮部みゆきさんの短編のユーモア小説?とも違った「落語」の影響を感じたのですが…。読み終わるまで幸せな時間を過ごせました。
  • 「火車」、「理由」、「模倣犯」などの従来のしっかりとして凝った「構成」の現代ミステリーと、今回の作品とが次回作でどんな作品を生み出してくれるか、想像がつかず楽しみです (^^)
  • 最後のエピソードはなくてもよかったのでは…。なければ「落語」として、きれいな「さげ」で終わりよかったのでは。でも現代の小説/ミステリーの宿命としてはあの最後をつけざるえないのでしょうね。勝手、宮部みゆきの時代小説が発表され始めたときに「本の雑誌」で池上冬樹氏?が事件・犯罪がなければもっといいのに…、という趣旨のことを書いておられたのを思い出しました(「本の雑誌」を読み返していないので違ったらごめなさい)

片岡義男氏の「文房具を買いに」は文中で数回、写真の撮影に失敗した…、と書かれているのが興ざめ。



|

« EPSONプリンタ PM-800C、修理から戻る。(11/13) | トップページ | 津田大介「ググる―検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること」読了 (11/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/1960385

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「誰か」、片岡義男「文房具を買いに」読了(11/14):

« EPSONプリンタ PM-800C、修理から戻る。(11/13) | トップページ | 津田大介「ググる―検索エンジンGoogleを使ってネット上の情報を検索すること」読了 (11/15) »