« 「新潟県災害救援ボランティア」「2ちゃんねる」「まちBBS」「天漢日乗」をリンクに追加 (10/26) | トップページ | 『WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド』アライド・ブレインズ, 安藤昌也 読了(10/28) »

2004.10.27

海老沢泰久『青い空』読了 (10/27)

中島悟「F2グランプリ」、広岡達朗「監督」、堀内恒夫「ただ栄光のため~堀内恒夫物語」、辻静雄「美味礼讃などノンフィクションよりの作品で傑作を書いてきた海老沢泰久氏の初の「長編歴史小説」「時代小説」です。(以上の作品も文句なく面白いのでぜひどうぞ!)

  • 過去の作品で見られた論理的で精緻なタッチの文章は控えめです。
  • 長編小説に不慣れなため?ストーリーの狂言回し・舞台転換が不器用?と感じられたり、登場人物の描写がそれほどいいとは言えないと私は思います。(あくまでも、過去の海老沢泰久氏の小説とくらべてですよ!)。それでも読後に登場人物たちの志に胸が熱くなります。読後感は文句なくイイです。
  • 最初は100ページ位までは「ありきたりな時代小説だなぁ」と感じさせますが、138ページの「弓町吉野道場」から話が面白くなり、展開もスピードアップします。ここから最後まではもうとまりません。 徹夜へ一直線です (^^;。まずはここまで読んでみて下さい!
  • 私は江戸時代末期~明治政府成立あたりの歴史はまったく詳しくないのですが、この作品の歴史観はびっくりで新鮮でした。こんな仏教・神道・キリスト教の説は初めて読みました。「伝奇小説」かと思われるような「怪説」です。海老沢泰久氏が「国学院大学折口博士記念古代研究所」に勤務していたときから考えていた30年がかりの構想とのことで、さすがに海老沢泰久氏らしく数々の文献にあたっているので、ある程度海老沢泰久氏も確信を持ってこの構想を書き上げたのだと思いますが、本当にびっくりしました。
  • 勝海舟などがかっこよく書かれています。坂本竜馬などはよく書かれていると思いますが、こんなに魅力的な人物に勝海舟が書かれているのも少ないと思います。
  • 作風は違いますが、隆慶一郎を彷彿とさせました。おそらく両者の共通点は強烈な 「自由」への渇望だと思いました。
  • 過去の「監督」などの作品とくらべるのもどうかと思いますが、色々長編小説に不慣れなゆえ?の粗も目につきますが、読めば面白いことは確実です。よろしかったらぜひどうぞ。

以上です。

本当はメモを取ってよんだのですが、メモを参考にせずいきおいで書いてしまいました。丁度NHKテレビで幕末を取り上げていたので (^^;
機会があれば、メモも掲載しますが、多分しないだろうなぁ (--;


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163230300

■参考

本の雑誌2004年8月号 47ページ
本の雑誌2004年10月号 84ページ

|

« 「新潟県災害救援ボランティア」「2ちゃんねる」「まちBBS」「天漢日乗」をリンクに追加 (10/26) | トップページ | 『WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド』アライド・ブレインズ, 安藤昌也 読了(10/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/1790330

この記事へのトラックバック一覧です: 海老沢泰久『青い空』読了 (10/27):

» にゃんこ初めて魔法を見る!! []
『魔法にゃか!?』 レオ君のリュックを代わりに背負って、まだ気絶したままのレナちゃんをおんぶしたレオ君が聞き慣れない言葉を言ったのにゃ。 『魔法って、あの火とか水とか風とかのにゃか?』 『そうワン』 にゃ・・・魔法・・・聞いたことはあるにゃけど、この世界で使えるのは極僅かって聞いたにゃ・・・ 『レナの家系は、代々魔力が強い家系なんだワン。レナはまだ半人前ワン。だから弱い魔...... [続きを読む]

受信: 2007.08.28 14:19

« 「新潟県災害救援ボランティア」「2ちゃんねる」「まちBBS」「天漢日乗」をリンクに追加 (10/26) | トップページ | 『WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド』アライド・ブレインズ, 安藤昌也 読了(10/28) »