« 雑木林ボランティア、芽生え枠内の下刈り(クロヒカゲとヒカゲチョウ・ナミヒカゲの同定ができず) | トップページ | 北村薫「語り女たち」読了 »

2004.09.05

Memorium 0.6a のメモの各ファイルを Sleipnir の検索履歴 History.ini から自動生成する Perl スクリプト (9/5)

Memorium 0.6a のメモをSleipnirの検索履歴 History.ini から自動生成する Perl スクリプト

  • Sleipnirの検索履歴を記録しているファイル:
    • D:\Program Files\Sleipnir\user\(ユーザ名)\History.ini";
    • 文字コード:shift_jis

    History.ini のファイル形式は以下の通り
    -----以下、History.ini-------

    [History2]
    SearchCount=10
    URLCount=10
    Search-data0="SPF"
    Search-data1="CoLinux サービス"
    Search-data2="CoLinux"
    Search-data3="PFI"
    Search-data4="Netcraft"
    Search-data5="ICS coLinux"
    Search-data6="CoLinux Fedora"
    Search-data7="Gmail"
    Search-data8="Fedora Core coLinux"
    Search-data9="About:config メモリ 常駐"
    Search-data10="About:config 高速起動"
    URL-data0="http://www.webdokusho.com/"
    URL-data1="http://tenki.jp/yoh/y44.html"
    URL-data2="http://a.hatena.ne.jp/go?http://tenki.jp/yoh/y44.html20040901183347"
    URL-data3="http://a.hatena.ne.jp/go?http://www.webdokusho.com/20040901203447"
    URL-data4="http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/software/1093702712/l20"
    URL-data5="http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/software/1092524939/l20"
    URL-data6="http://www.asahi.com/"
    URL-data7="http://jgillick.nettripper.com/switchproxy/switchproxy.xpi"
    URL-data8="http://jgillick.100freemb.com/switchproxy/"
    URL-data9="http://www.five-d.co.jp/fer/asx/takano_08.wax"
    URL-data10="http://www.five-d.co.jp/fer/asx/takano_07.wax"
    

  • Memorium 0.6a のメモのファイル名:
    • memorium\cards\card[0-9]{1.2}.txt
    • 文字コード:utf8

Perl で生成するスクリプトを書いているのだが、shift_jis から utf8 へ検索キーワードの文字コードを変換するところがうまくいっていない (T_T)。

9/7追記:
とりあえず、すごーく汚いコーディングですが、「動く」スクリプト(sleipnir_history2memorium_cards.pl)ができました。お目汚しですがアップしておきます。

-----以下、sleipnir_history2memorium_cards.pl ---------
#!/usr/bin/perl
use encoding "utf8";
use Encode;
binmode STDOUT, ":encoding(shiftjis)";
binmode STDERR, ":encoding(shiftjis)";

$counter=0;

open HISTORY_SJIS, '<:encoding(shiftjis)','D:\Program Files\Sleipnir\user\(ユーザ名)\History.ini' || die "History.ini ファイルを開けません :$!\n";
open HISTORY_UTF8, 'History-utf8.ini' || die "History-utf8.ini ファイルを開けません :$!\n";;

while(my $date = <HISTORY_SJIS>){
  print HISTORY_UTF8 $date;
  }
close HISTORY_SJIS;

while(my $date = <HISTORY_UTF8>){
  if ($date =~ /^Search-data/){
    @line = split(/=/,$date);
    @line[1] =~ s/\"//g;

    $file_name = "card".$counter.".txt";
    open ( O_FILE , ">:utf8", $file_name ) || die "cardxx.txt ファイルを開けません :$!\n";
    print O_FILE @line[1];
    close (O_FILE);
    ++$counter;
    }
  }
close HISTORY_UTF8;

exit;
-----以上、sleipnir_history2memorium_cards.pl ---------

Memorium の新しいバージョン 1.0 以降だと設定が「メモのファイル」ではなくなり Web の Wiki ベースのデータベースに変更になってしまっていて、この方法は使えない。

※参考リンク:
■編集と循環 - MemoriumChangeLog …バージョン 0.6a はなくて、0.5a しか残っていない様子。
http://www.persistent.org/hiki/hiki.cgi?MemoriumChangeLog#l0
05a
WISS2003にて緊急公開&その後一般公開(2003-12-17)
(Windows)http://www.persistent.org/data/memorium05a.zip (3.93MB)

■Memorium Keywords - ダウンロード
http://www.persistent.org/memorium/hiki.cgi?%A5%C0%A5%A6%A5%F3%A5%ED%A1%BC%A5%C9
ダウンロード
Memorium for Windows ver1.01
http://www.persistent.org/data/memorium101_win.zip

以上。


9/22追記:

Memorium Ver1.0 以降のメモ形式に対応した Sleipnir の検索履歴からメモを生成するPerlスクリプト (9/22)
http://d-k.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/040922slep2memo.html



|

« 雑木林ボランティア、芽生え枠内の下刈り(クロヒカゲとヒカゲチョウ・ナミヒカゲの同定ができず) | トップページ | 北村薫「語り女たち」読了 »

コメント

はじめまして.Memoriumの渡邊です.いやぁ,すばらしいですね.Sleipnirとか,ブラウザ側に検索履歴を活用するような仕組みがあれば,いいですよね.ゆくゆくは,MemoriumKeywordsに,Google検索に渡すスクリプト書いて,検索履歴を残せるようにして検索履歴データベースにしようと思ってました.しかし,なかなか時間もなく...それと,検索の履歴はわりとプライバシーにかかわるものもありそうなので,共有には向いていないのかもしれないんですが.

投稿: Kei | 2004.09.11 01:25

Kei 様、わざわざコメントありがとうございます。
Memorium はいつも楽しく使わせて頂いています。ごくごくわずかですが、Memorium を自分の環境で使いやすいように運用を工夫してみました。
Memorium などの今後のご活躍をお祈りしております。

投稿: d-k | 2004.09.12 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/1369627

この記事へのトラックバック一覧です: Memorium 0.6a のメモの各ファイルを Sleipnir の検索履歴 History.ini から自動生成する Perl スクリプト (9/5):

« 雑木林ボランティア、芽生え枠内の下刈り(クロヒカゲとヒカゲチョウ・ナミヒカゲの同定ができず) | トップページ | 北村薫「語り女たち」読了 »