« [編集] 自然観察の記録 2004年8月分の取りまとめ完了 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」★★★★★読了 »

2004.09.11

クォーツ時計の修理、分解。ステッピングモーター不具合?

左上の白い小さな歯車のステッピングモーターから中位の歯車を経由して、真ん中の歯車、時計の針が刺さっている軸、を回転させています。その右側の大きな白い歯車はケースの外から時刻を調整するためのものです。
中のケースは四つの爪で固定されていました。それぞれの爪にドライバを当てて、爪を押し込んでひっかかっているのを外しました。
ケースを最初に開けたときには、ステッピングモーターが動いていませんでした。適当に、ステッピングモーターを軸受けから取り出したり、元の軸受けに戻したりしているうちに、原因は分かりませんが、いつのまにかステッピングモーターが動くようになっていました (^^;)

外した他の歯車も元に戻して噛み合わせると、無事にステッピングモーターから真ん中の時計の針の軸が駆動されるようになりました。

以前に分解した他の時計のステッピングモーターよりも軸受けが不安定というか、磁石の反発力が強い?ように感じましたが、これでいいのでしょうね。蓋をはめることで、蓋側にも軸受けがつけられているので、蓋でも歯車を固定しているようです。

中蓋をかぶせ、ケースに戻したところ。上下の凹みにある2つの爪で留まっていました。

ケースには

  • TOCHIGI TOKEI CO.LTD.JAPAN
  • NO(O) JEWELS
  • QUARTZ

と書かれていました。

ところで「ステッピングモーター」を使った時計の場合でも、「QUARTZ(クォーツ、水晶発振式時計)」と言うのでしょうか???詳しくないのですが…。

じしゃく忍法帳 / 第42回「時計と磁石」の巻
http://www.tdk.co.jp/tjdaa01/daa00342.htm
小型ステッピングモータが時計の針を動かす


時計の裏側の全景
時計の表側の全景。表の透明なプラスチックの蓋をはめたところ。短い爪2つと長い爪1つで固定されていましたが、短い爪2つにドライバーを当ててひっかかりを外してやると、蓋を外すことができました。

という訳で無事に時計は直りました。



|

« [編集] 自然観察の記録 2004年8月分の取りまとめ完了 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」★★★★★読了 »

コメント

Hello- Need setup instructions for a Tochigi Tokei Quartz clock movement. It has westminister chimes, chimes om quarter hour and strikes on Hour. Appreciate your help or instructtions on how to set the time and chimes at the correct time.
Thank you
Regards,
Joe Downs

投稿: joe downs | 2007.08.10 10:01

TOCHIGI TOKEIのムーブ42802Hを探しています。

投稿: 矢野 純三 | 2011.01.20 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/1412029

この記事へのトラックバック一覧です: クォーツ時計の修理、分解。ステッピングモーター不具合?:

« [編集] 自然観察の記録 2004年8月分の取りまとめ完了 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活」★★★★★読了 »