« 読書 | トップページ | ボランティアニュースの編集 »

2004.08.22

清水ミチコ、坂本龍一、デモテープ特集、矢野顕子の物真似(モノマネ)

毎日新聞 月刊笑いに生アクセス/清水ミチコは“くせもの”だ!  http://marishiro.cool.ne.jp/kaguyahime/kakimono/access/access2004-7-30.html より

今はなきライブハウス渋谷ジァンジァンで、「変な女の子が練習してたよ」との永六輔さんの一言から見始め、気がつけばはや13年。

私が「清水ミチコ」の名前を知ったのは、坂本龍一氏がNHK FMラジオの「サウンドストリート」終了後に、東京FMで始めた新しい番組の中のデモテープ特集のときだった。

「ジャンジャンなどで矢野顕子様の物真似をしているものですが…」という旨のデモテープを「清水ミチコ」が番組宛に送って来たのが最初。当時は「矢野顕子」嬢の物真似なんてマニアックな?物真似をする人はいなかったので、矢野顕子の歌声そっくりなデモテープのことは今でも覚えています。坂本龍一氏も番組の中で矢野顕子にそっくりだと絶賛していた記憶があります。

サンスト系の定番のページ、「アルコ堂」さん(http://www.chokai.ne.jp/mimori/index.html)によると、この坂本龍一氏の番組は「サンドビジュアート」という番組だったらしい。放送期間は「1986年10月5日-1987年10月17日」とのこと。今から16~17年前!でも「曲名リストページ( http://www.chokai.ne.jp/mimori/sv-tit.html)」などには「清水ミチコ」の名前は掲載されていない…。

「清水ミチコ」が「坂本龍一」の番組に矢野顕子の物真似のデモテープを送っていた事実が、以前 Google で検索したときにどこにも見つからなかったので、参考までにメモしておきます。

それから(たしか)しばらくしてタモリの「笑っていいとも」でレギュラーになり「物真似のコーナー」を持って、世間的にブレイクした記憶がありますが… (^^;)本当か?

「清水ミチコ」本人のホームページのプロフィール(http://4325.net/02_profile_swf.html)によると

1986年2月 渋谷ジァンジァンにて初ライブ

1987年10月 フジテレビ系「笑っていいとも」にて全国区デビュー

とのこと。坂本龍一のラジオ番組にデモテープを送ってから、その半年~1年後にはお昼の全国放送の番組で自分のコーナーを持っていたのか。すごい!破竹の勢いというか、鯉の滝登りというか。ある意味、坂本龍一氏がNHK FM「サンスト」や東京FMの番組で行ったデモテープ特集のコーナー、…他に槇原敬之、Tei Towa(テイ・トーワ)などがオンエアされていた…、から最短期間でメジャーデビューした人なのかもしれない、「清水ミチコ」は。

|

« 読書 | トップページ | ボランティアニュースの編集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49099/1249275

この記事へのトラックバック一覧です: 清水ミチコ、坂本龍一、デモテープ特集、矢野顕子の物真似(モノマネ):

« 読書 | トップページ | ボランティアニュースの編集 »